「子どもの歯科矯正」経験者が語る経過、費用、子どもの様子

小学生の下の子は、歯科矯正に通っています。まだ終わっていません。

顎が小さい割に、歯の一つ一つが大きくて、歯並びがガタガタだからです。固いものを噛んでいないから、顎が発達していないのです。現代人に多いのだとか。

私が子どもの頃は歯科矯正まだ珍しかったのですが、今は矯正する子も増えて、学校でも何人もいるようです。

歯の矯正は親の責任とも言われます。歯並びはきれいにこしたことはありません。しかし、時間も費用もかかり、子どもに苦痛を与えるため、誰でも躊躇しますよね。

うちの子の矯正の様子をお伝えすることで、矯正を迷われている親御さんの参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大




矯正の経過

2014年まで

小さい頃は、まっすぐではないものの、乳歯は一列に生えている。小学校入学まで虫歯もなかったので、歯医者に一度も行かず。

5~6歳のころ、前歯の乳歯が抜けないうちに、そのすぐ奥にに永久歯が生えてきてびっくり。(二重歯列というらしい)そして、生えてきた永久歯の大きさにびっくり。前歯の横が斜めに生えてきたところで、これは医者に行かないとマズイかも、と思い始める。

2015年

8月  近所の歯科に行き、カウンセリングを受ける。

レントゲンを撮って、歯科矯正が必要かの判断をしてもらう。

9月  矯正を勧められ、そのままスタート。

はじめは上の奥歯を奥にずらし、歯が生えるスペースを広げる装置を使う。装置は外出時・食事・入浴・歯磨きの時以外はずっと装着するように言われる。奥歯に装置のワイヤーをはめる器具を取り付けるのが、ちょっと大変。はじめのころは、口内炎に悩まされる。

10月 以降、受診は基本月1回。

少しずつ、装置の間隔を詰めていき、毎回「順調ですね」と言われるも、親はあまり変化を感じられず。たまに歯のクリーニングをしてもらう。

2016年

8月  永久歯にワイヤーを通す器具を取り付ける。

9月  永久歯にワイヤーを通して、本格的な矯正開始。奥歯をずらす装置はは中断する。

初日はかなり痛かったようで、食事が進まず。慣れるのに数日かかる。

2017年

3月  前歯の矯正もしつつ、装置も再開。歯が生えないので、なかなか進まない。

8月  現在大きな進展なし。一つ乳歯が抜けそうで抜けず、ヤキモキしているところ。

今度の予定

ともかく今は、永久歯が生えそろうのを待っているところです。生えそろったら、その都度、ワイヤーを通す歯を増やし、歯並びをそろえていきます。

矯正が終わったら、きれいにした歯並びが戻るのを防ぐため、さらに1年ほど通院した方がいいとのこと。ここは、やる人、やらない人半々だそうで、うちもまだ決めていません。

子どもの様子

特に反発なし

小さいころ、子どもは自分の歯並びが悪いことに気が付いていませんでした。親もまわりも、歯について何も言わなかったからだと思います。歯磨きはきちんと自分からする子で、虫歯はありませんでした。

矯正しようと決めたのは親です。「歯並びがよくなると、大人になっていいんだよ」と言い聞かせました。まわりに矯正中な子もいたようで、特に反発はなかったです。

器具を付ける日は、涙ぐむこともありましたが、「矯正をやめたい」とは一度も言っていません。通院の度にもらえる、おもしろ消しゴムが楽しみのようです。

寝不足と口内炎

初めの装置を付ける時期に、よく眠れない日が続きました。うちの子はうつぶせ寝をしていたのですが、装置を付けるとうつぶせになれないからです。また、口をちゃんと閉じれないためかわかりませんが、いびきをかくようになりました。今でも装置をすると、いびきをかいていることがあります。

口内炎には何度かなりました。トマトなど酸味のあるものを嫌がります。これは事前に医者からも言われていたので、仕方ないかと思っています。

学校関係

学校の先生には、矯正のワイヤーでからかわれたりしないよう、担任が変わるたびにお話ししました。今のことろ、嫌な思いはしていないようです。

親がすること

通院の付き添い

まず、子どもを歯医者さんに連れて行かなくてはいけません。通院は基本月一なので、そんなに負担はないとか思います。ただ、急にワイヤーが切れたとか、突発的なことがあると急患で見てもらわなくてはいけません。うちはまだ1度だけですが、ワイヤーが外れた時に行きました。

仕上げ磨き

矯正中は器具が邪魔で、歯磨きがうまくできません。大人が仕上げ磨きをした方がいいでしょう。矯正しているとどうしても虫歯になりやすいので、注意が必要です。

器具の清浄

装置は、毎日洗う必要があります。普通の食器を洗う感じで洗っています。また装置ははじめ、親が装着していました。これがちょっとコツがいるのです。今では子どもが自分でできるので、親は楽になりました。

今までにかかった金額

相談料      無料

検査料      約4万円

矯正一括払い   約35万円

毎月かかる診察代 約3000~5000円

相談料がかかる医院もあるようです。検査は、矯正前にするもので、その後矯正する場合でも、しない場合でも料金は一緒です。矯正代はうちは一括で払いましたが、分割もできました。

毎月の診察代は、矯正の過程によって金額が変わります。月一の診察でも、何回も急患で見てもらっても、何回レントゲンをとっても、追加料金はかかりません。これは、うちが通っている病院独特のシステムかもしれません。

うちは2年で約50万かかっています。今後の費用は、毎月の診察代のみなはずです。トータルは60万を超えそうです。

一般に子どもの矯正にかかる目安の金額は、トータル50万~80万くらいでしょうか。その範囲で収まると思っています。

以上、うちの子の矯正の様子です。少しでも参考になれば嬉しく思います。

こちらも合わせてお読みください。

「子どもの歯科矯正」経験者が語る、開始タイミングと医者選び



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする