「子どもの歯科矯正」経験者が語る、開始タイミングと医者選び

小学生の下の子は、歯科矯正に通っています。

詳しい経過など別に書きました。まだ読んでいない方はこちらも読んでくださいね。

「子どもの歯科矯正」経験者が語る経過、費用、子どもの様子

今回は矯正のタイミングなど、先生に聞いたことや調べたことをお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大




矯正開始のタイミングは?

小学校低学年が、一つの目安となります。うちは小学校2年生で始めましたが、小児矯正を開始するギリギリの年だと言われました。

矯正は乳歯と永久歯が混ざった状態で始めるか、永久歯が生えそろってから始めるかで、費用も痛みも違ってきます。

小学校低学年まで

乳歯と永久歯が混ざった状態で始めます。前歯と奥歯のみ永久歯で、後は混合状態です。

メリット

・抜歯しないですむ場合が多い。

・顎の調整が可能な場合が多い。

・大人より痛みが少ない。

・まだ小さいので、見た目を気にしない子が多い。

デメリット

・永久歯が生えそろわないと完了しないので、期間が長くかかる。

中学校以降

永久歯が生えそろってから始めます。抜歯して永久歯を動かす、大人の矯正と同じです。

メリット

・永久歯が生えそろっているので、期間が短くすむ。

・大人に近いので、我慢ができる。

デメリット

・抜歯することが多い。

・小さい頃より痛みが強い。

・思春期で人目を気にする子が増える(特に女子)。

小学校入学頃、一度相談するのがおすすめ

歯の矯正は乳歯だけの状態ではできませんが、顎の調整はもっと小さいうちから出来るそうです。ただ、あまり小さいと、通院も器具の装着もストレスでしょうから、大変でしょうね。

子どもが通う歯科の先生は、おすすめは小学校低学年までと言っていました。低学年のうちにスタートできれば、痛みが少なく楽なんだそう。小学校高学年で相談に来ても、すぐにはやらず、永久歯が生えそろうのを待ってからスタートするそうです。

病院選びの決め手は?

かかりつけか?矯正専門か?

子ども矯正は長くかかります。歯科選びは重要です。

まず、かかりつけの歯科にお願いするか、矯正専門を探すかですが、うちは歯医者に行っていなかったので、そもそもかかりつけというのがありませんでした。かかりつけがあるのでしたら、はじめはそこで相談された方がいいでしょう。小児矯正はやり方も色々あるので、何件か見てもらってもいいですね。

矯正をする歯科には、以下のパターンがあります。

①矯正専門

専門なので安心。虫歯など矯正以外は、別の歯科に通わなくてはいけない。

②一般歯科で、常勤の歯科医が矯正もできる

矯正も虫歯もトータルで見てもらえる。矯正の実力はマチマチかも。

③一般歯科で、矯正専門医が決まった日に派遣される

専門医に見てもらえて安心。急患対応はしてもらえない場合もある。

④歯科の大学病院など

最先端の治療が受けられる。研究医や新人が担当する場合も多い。予約がとりにくい。

うちが通っているのは矯正専門ではありません。ただ院長は矯正のベテランで、矯正も看板に掲げています。②のパターンですね。知り合いが矯正で通っていたのも、安心材料の一つでした。

かかりつけに矯正の実績がない場合、矯正専門を探した方がいいでしょう。

近くか?遠くか?

うちは近所は近所ですが、徒歩圏ではありません。駐車場完備なので、車で行くことが多いです。矯正専門を選ぶ場合、近所にないことも多いでしょう。子連れの場合、駐車場の有無や、駅からの近さも気になるところ。

ただ、近くならどこでもいいわけではないので、慎重に選びたいですね。

月一ならどこまでいけるか?

急に見てもらう時も、すぐに行けるか?

この2点を考えて、通える範囲を決め、その範囲内の歯科を調べましょう。

高いか?安いか?

コレはもう、安い方がいいに決まっています!ただ矯正は、値段より歯科医の腕の方が大切なので、安ければいいってものではないですね。

矯正は保険がききません。矯正期間が長くなればなるほど、お金がかかります。友人は大人になってから矯正して、100万くらいかかりました。小児矯正の場合、成人よりも安くなる場合が多いそうです。トータルはおよそ50~80万くらいでしょう。

また、スタート時に一括で大金を払う方式と、その都度払いの方式があります。トータル的には、どちらの場合もそう変わらない金額になるかと思います。うちの場合、一括に大金を払う方式でした。他にかかる金額は月の治療費のみなので、後々ビクビクしなくて済みます。

高いか、安いかよりも、きちんと料金について説明してくれるかが大事です。スタートする前に、いつ、どれくらいの金額がかかるのか、トータル金額の目安はいくらになるのか?誠実に説明してくれるところを選びましょう。大切なのは、値段よりも信頼です。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする