林先生の初耳学、白熱教育ベスト10!成績が上がらないのは?小数点論争って?

2018年1月21日の、林先生が驚く初耳学

世間をざわつかせた、白熱教室ベスト10

今まで放送した中で、反響が大きかったものをランキング。

スポンサーリンク
レクタングル大




10位 小中学校の友人関係はクソみたいなもの

コレはプレジデントオンラインの記事のタイトル。大切なのは今一緒に仕事をしている人。

メインテーマは学校のいじめ問題でした。

「本当に大切な人だけ大切にすれば、きっと幸せになれる」いじっめこなんて気にしなくていいよということを、いじめにあっている子どもに伝えた方がいいってことですね。

林先生はこうも言います。「ドライな人間関係を子どもにも習得させよ」

調べてみたら、中川淳一郎さんの連載の記事でした。プレジデントオンライン

9位 嫌ならやめればいい、勉強は贅沢なんだから

林先生の大学時代のゼミの先生の言葉。

自分が恵まれているかわからない人間は、やめればいいと。

子どもに言って、本当に辞めたらどうしよう?って私は思ってしまいますが💦

8位 キラキラネームと低い学力には相関がある

偉人(ぐれいと)、姫星(きてぃ)、誕生(ばーす)、光宙(ぴかちゅう)などなど。

キラキラネームの意外な事実。読めない名前は学力低め。

本人には責任がないのに、受験差別やいじめの原因となることも。

名前の役割を親がわかっているのか?

固有名詞は指示機能を持つ。読めない名前は指示機能を持たないので、まわりが混乱するということでした。

7位 ビリギャルには全く共感しない

科目数の少ない私立大学は、受かる子もいる。

特に中学受験をしっかりしている子の場合、そんなに難しくはない。

確かにビリギャルは、中学受験した後ぐれた子が、私立大学を受ける話でしたね。

映画 ビリギャル スタンダード・エディション [ 有村架純 ]

6位 最近の本は離乳食

出版業界に物申す!

芦田愛菜ちゃんも納得。

先生は中島敦が好きだったそうです。難しいので注がたくさん。

最近はわかりやすく、読みやすくしないと売れない!

林先生が出版した本も、マンガになる時代です。

李陵/山月記改版 (新潮文庫) [ 中島敦 ]


【新品】【本】マンガでわかる!林修の「話し方」の極意 林修/監修

5位 今の東大生はスッカスカ

浪人制度は廃止すべきという林先生。

今は少子化。高校3年生の人数も減っています。

それなのに、東大の定員は変わらないので、下の方はスッカスカのカッスカスと…。ちょっと言い過ぎじゃない?

社会では、東大生かどうかよりも、仕事ができるかどうかで判断されます。

社会で通用するには、解決と創造が不可欠と林先生は語りました。

4位 子どものゲームをやめさせても成績は上がらない

ゲーム時間が1時間なら、成績に関係はない。

2時間以上では影響がでる。

ほどほどならOKってことですね。自己管理能力が大事。

3位 ながらスマホは子どもをダメにする

東大生の親の90%がしている唯一習慣とは、「子どもの話を聞く」

たったこれだけのこと? でも、ながらスマホはいけません。

林先生の幼少期にかけられた、祖父母の言葉を紹介してくれました。

「それで」と次を聞く。

「どうしてだと思う?」聞き返して、一緒に調べてくれる。

「修は天才だ」

これはなかなか、親は言えないだろうなあ…。

元は、こちらのプレジデントファミリーの記事です。

プレジデントFamily 2017秋号

2位 成績上がらないのは単純に量が少ない

頑張っているのに成績が伸びないのは、単純に勉強量が少ない。

少ない量なのに自分は頑張っていると思う精神性が問題、ということでしょうか。

1位 小学校の小数点論争

最も反響が大きかった教育論。

京都大学の数学の第一人者・森重文教授とのお話もありました。

小3の問題で

3.9+5.1=9 が正解。

3.9+5.1=9.0 は間違い。

森重文先生は条件がないなら、9.0も正解にすべきとおっしゃります。

また、体積問題も重要だと。

学校では公式通り、「縦×横×高さ」で計算しないと×にされることもありますが、数学者的には〇

掛け算の順番は変えても正解にすべし!

どの順番でかけても答えは変わらないことが重要なのですって。

「学校の先生が決めたルールを、何故守らなくてはいけないのか?」と林先生は怒ってました。

林先生の本


いつやるか? 今でしょ!


今やる人になる40の習慣/林修【1000円以上送料無料】


受験必要論 人生の基礎は受験で作り得る (集英社文庫) [ 林修 ]



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする