ジョブチューン、弁護士の嘘本当9つの質問&仕事密着、儲かる?もてる?

2018年2月10日のジョブチューン

5人の現役弁護士がぶっちゃけ!

禁断の弁護士ドラマの嘘ホント

スポンサーリンク
レクタングル大




Q1,弁護士が法廷をウロウロ歩くのは?

A,ウソ

実際にやると、「法廷の秩序を乱す」と注意されます。

Q2,「異議あり」は本当に言うの?

A,ホント

間髪入れずに「異議」と言う。その場で言わないと、後で異議を入れられないのです。

Q3,弁護士になるのは大変?

A,ホント

弁護士になる道は以下の順番が必要です。

1、法科大学院(3年で卒業)卒業か、予備試験に合格(合格率3%)

2、司法試験合格(合格率23%、平均年齢は29歳、最高齢71歳)

3、司法修習生(1年間)

4、卒業試験(合格率95%)

※司法試験に合格すると、弁護士・裁判官・検察官になる資格が得られます。

裁判官は特に優秀な人がなるそうです。

Q4、優秀な弁護士の見分け方は?

A,相談者の声に耳を傾ける。端的に対処法を説明できる。リスクを説明してくれる。

Q5,弁護士って儲かるの?

A,儲かる人は儲かる

大手や、独自の分野を開拓した弁護士は儲かります。

顧問弁護士は安定して稼げるそう。スポーツ選手とか芸能人とか。年間一人500万もらってるって。顧問は何事もなくても、もらえるそうですよ。

1回1000万の報酬もらったことも!

一方、弁護士は水商売と言われることもあるとか。儲からない人は儲からないそうです。

Q6,刑事、民事、どっちが儲かるの?

A,刑事の方が儲からない

刑事裁判は、犯罪を犯したとされる被告人の刑罰を争うもの。

民事裁判は、当事者同士のトラブルを弁護士同士が争うもの。

民事は成功報酬が大きいとか。

また、私選弁護と国選弁護だと、国選弁護は儲からないそうです。

菊池弁護士に密着

書類作り

1番時間がかかる仕事は、裁判に勝つための書類作り。

日本の裁判は書類が中心。仕事の4割を占めます。

法律相談

実際に請け負う案件につながるのは半分程度。

契約書チェック

契約書を法律的に問題ないかチェックするのも、大事な仕事です。

裁判

民事事件の裁判は尋問がないので、書類を読み上がるだけ。

しかも、全部の書類は読み上げないので、5分で終わることも。

ドラマでは描かれない地味な仕事ばかり。

Q7,ドラマに描かれない仕事は?

A,裁判が始まる前の打ち合わせ

検察官、裁判官、弁護士で、裁判の争点の確認をします。

A,リハーサル

裁判が始まる前の準備として、証人とリハーサルもします。

変わったお願いとして、スポーツ選手とアイドルの合コンに同席したことも。打ち合わせ風にしたいため、弁護士がお酒も飲まずずっと同席していたとか…。

Q8,弁護士ってもてるの?

A、NO??

弁護士のみなさん、もてないと言っていますけれど、これはどうなんでしょうね?

女性弁護士は、男性が身構えるって話でした。結婚相手は同業者が多いそうです。

Q9,弁護士は現場に証拠を探しに行くの?

A,ホント

現場に行くことは鉄則。

現場で得た新たな証拠で、有罪確実が逆転無罪になったことも。

出演弁護士

菊地幸夫弁護士(番町法律事務所)
佐藤大和弁護士(レイ法律事務所)
二宮英人弁護士(渋谷青山刑事法律事務所)
松田有加弁護士(レイ法律事務所)
若狭 勝弁護士(若狭・高橋法律事務所)

同じ日の内容です。よかったらこちらもどうぞ。ジョブチューン、肩こりにアボカド、睡眠負債にキムチ、高血圧にピーナッツ 



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする