世界一受けたい授業 ざんねんないきものトップ10 1位はサバンナモンキー

11月4日の世界一受けたい授業

累計120万部突破! ベストセラー「ざんねんないきもの事典」

ラッコの残念な生態は?

お気に入りの石をなくすと、ご飯が食べられない。わきの下のくぼみ入れて持ち運び、ずっと使うそうです。

知らなかったなあ。

執筆者 丸山貴史先生が登場。

反響が大きかった、ざんねんないきものトップ10

スポンサーリンク
レクタングル大




第10位 アンゴラウサギ

毛布よりもフワフワ。

ウサギの腸は細くて長いので、胃腸が悪い時に自分の抜け毛飲みこむと、死んでしまうこともあります。

第9位 コイシガエル

標高3000mのギアナ高地に生息。特技は山登り。

天敵はタランチュラ。

天敵に会うと、小石のように転がり落ちます。手足を縮め転がっても、体が軽いの無傷です。

第8位 アードウルフ

アフリカのサバンナの生息する、どう猛なハイエナの仲間。

しかし歯がほとんどないので、肉を食いちぎれません。エサは白アリです。

第7位 ドウケツエビ

オリの中で一生を過ごします。オリは、カイロウドウケツという別の生き物。外敵から逃れるため、幼少期にオスとメス、1匹ずつ入り、網の中で成長します。大人になると出られなくなるので、一生そこで過ごします。

第6位 オウサマペンギン

ヒナが残念な体をしています。

生後4か月で、ヒナは親よりも体重が重くなります。冬になると海が凍り、エサが取れなくなると3か月絶食。痩せて毛も抜け、冬を越すまでに半分が死にます。

ヒナが大きいのは肥満ではなく、厳しい冬を乗り切る手段です。

第5位 ダイオウサソリ

アフリカのジャングルにすむサソリ。サソリの中で1番大きくなるが、毒は弱くミツバチくらい。

残念なのは無意味に光ること。敵に見つかる可能性もあります。

サソリは夜行性ですが、昔昼に活動していた頃に、有害な紫外線を反射する機能が残っているという説があります。

第4位 ゲラダヒヒ

エチオピアの高原に住むヒヒ。

怒ると歯茎丸出しの顔になります。

第3位 コアリクイ

威嚇のポーズが怖くない。

仁王立ちするも、かわいいので敵も怖がりません。

第2位 キリン

舌が50㎝。長い舌で鼻くそを取ります。

キリンは鼻だけで息をするので、鼻くそをほじることで窒息を防ぎます。

第1位 サバンナモンキー

アフリカの草原にすみ、葉っぱや木の実を食べます。

金玉袋がスカイブルー。青いほどメスにもてます。


ざんねんないきもの事典を楽天市場で探す
ざんねんないきもの事典をAmazonで探す

よかったらこちらもどうぞ。

世界一受けたい授業、体温を上げる4つの習慣、運動は上向きスキップ!

世界一受けたい授業 最高齢アプリ開発者のいつまでも現役で過ごす方法



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする