世界一受けたい授業 子どもの脳が変形するマルトリートメント

10月28日の、世界一受けたい授業。

夫婦喧嘩を見せると、子どもの脳が変化する?

1時限目 化学

子どもの脳が変化するマルトリートメント=不適切な養育について説明します。

スポンサーリンク
レクタングル大




「マルトリートメント」

「マルトリートメント」って知っていますか?

マル=悪い、トリートメント=扱い 不適切な養育のことです。

児童虐待の件数は年々増加。マルトリートメントが問題になっています。

子どもの前で夫婦喧嘩を頻繁に行うと、語彙・理解力が低下することがわかっています。

夫婦喧嘩を見たくない子どもの脳は、視覚野の一部・舌状回が6%縮小するのですって。

知らずにやっているマルトリートメント

5位 過干渉

自己管理できる年齢になっても、あれこれ言いすぎると、子どもは信用されていないと感じます。

危険・恐怖心を感じると脳の偏桃体が変形するのです。

大人になった時、いつもビクビクした人間になってしまうかもしれません。

4位 長時間のスマホ

3歳児 47.57%、9歳児の89.9%がインターネットを使用しています。

スマホを使いすぎると、感情をコントロールする脳梁が縮小。

大人になったら、集団行動ができなくなってしまいます。

1日1時間など、時間を決めましょう。

3位 お風呂上りに裸でウロウロ

子どもが嫌がっているのにやっていると、性的虐待です。

視覚を司る視覚野が変形、記憶力や認識能力が低下します。

2位 兄弟や友達と比較する

子どものプライドを傷つけ、脳にダメージを与えます。

喜びや快楽を感じる線条体が働かなくなります。

大人になった時、アルコール依存や薬物中毒に陥る危険も。

1位 暴言

感情にまかせた暴言は、暴力よりも脳に影響を及ぼします。

聴覚を司る視覚野に問題が。

耳は健康でも音が聞こえない、心因性難聴になる可能性があります。

叱る時は、60秒以内で叱ること。60秒以上の説教はNGです。

親の声かけは?

成長過程の子どもの脳は回復します。声のかけ方に気を付けましょう。

「助かったよ」

洗濯ものを畳んだ子どもを褒める言葉は、「助かったよ」

感謝を伝えることで、自分が役に立っていると子どもが思い、脳にとってもよく響きます。

繰り返し

子どもの言った言葉を繰り返しましょう。

絵を描いた子どもが「キレイなお花を描いたよ」と見せにきたら、「キレイなお花が描けたね」と、優しく繰り返しましょう。

子どもはわかってもらえたと思います。


子どもの脳を傷つける親たち (NHK出版新書 523)

よかったらこちらもどうぞ。

2時限目 世界一受けたい授業 急増する若者の健康異常、口臭、難聴、色覚異常

3時限目 世界一受けたい授業「ハーバードでいちばん人気の国・日本」長生きスープも  



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする