世界一受けたい授業 創刊100年「主婦の友」堀江泰子さんの里芋レシピ

2017年11月11日の世界一受けたい授業

2時限目 社会

今年で創刊100年の雑誌「主婦の友」。累計発行部数約2億部。

大正6年創刊当時から、金額入り節約レシピが人気。

戦時中の料理のレシピは、なんと雑草を使ったもの。

主婦の友の歴史を見れば、日本が見えてくる!

生活史研究科 阿古真理先生が登場。

スポンサーリンク
レクタングル大




主婦の友

大正時代

最初にイラスト付きで紹介されたのはドーナツ。

女性が意外に強く、夫へ厳しめの意見もありました。

昭和初期

夫はサラリーマン、妻は家事が一般的に。

地下鉄開通、デパートや洋食店の増加した頃。

海水浴ブームが来れば、ちゃぶ台を使った泳ぎ方を写真で紹介。

この時期、ふろくがつくようになりました。目玉は料理本。

アジの干物のポテト詰め

マッシュポテトをアジの干物にはさんで焼きました。西洋料理では舌平目を使いますが、日本ではなかなか手に入らないので、アジの干物を使ったのだと思われます。

昭和30年代

高度経済成長期に「専業主婦」という言葉が生まれます。

動く台所・キッチンカーが全国を走り、栄養バランスのいい食事の作り方を主婦に指導したそうです。

主婦の友にはすぐ作れるスピード料理「15分クック」などの、時間に追われる主婦向けの企画が生まれます。

いい企業に入るには高学歴が必要だと、子どもの勉強部屋や、テストに強くなる方法などの特集もありました。

東京オリンピックでは、サインのもらい方まで載りました。

料理研究家・堀江泰子

50年以上、主婦の友にレシピを提供していた料理研究家、堀江泰子さん。

娘のひろ子さん、孫のさわこさんも、料理研究家として主婦の友に登場しています。

里芋のとも和え

泰子さん考案の時短料理。15分で完成。

材料は、里芋500g、ごま大さじ2、みそ大さじ2、砂糖大さじ2

1、ゴマをフードプロセッサーにかける。

2、里芋を電子レンジ600Wで10分加熱。

3、1にみそ、砂糖、里芋の1/3をフードプロセッサーで混ぜて、和え衣に。

4、残りの里芋に3を混ぜる。

主婦の友

私の母も愛読していました。昭和のあの頃、一家に一冊あったのではないかしら。


主婦の友Deluxe(デラックス) 2018新年特大号 2018年 01月号 [雑誌]

 阿古真理先生の本


料理は女の義務ですか (新潮新書) [ 阿古 真理 ]


昭和の洋食 平成のカフェ飯―家庭料理の80年


ニッポンの主婦 100年の食卓

堀江家の料理本


ほりえさんちの「あれ食べたい!」―祖母→母→私。料理研究家一家の人気メニュー88品を大公開!


ちょこっと仕込みで時短ごはん 作りおきより簡単!/堀江ひろ子/・指導ほりえさわこ/・指導主婦の友社【2500円以上送料無料】


簡単おせちとごちそうレシピ 12月31日でもOK!1品でもお正月気分/堀江ひろ子/ほりえさわこ【1000円以上送料無料】

よかったらこちらもどうぞ。

1時限目 世界一受けたい授業 世界も絶賛!天才葛飾北斎は改名30回以上、引越90回以上

3時限目 世界一受けたい授業、大好評5秒筋トレ第3弾、痩せたい部分毎の腹筋を紹介



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする