世界一受けたい授業、体温を上げる4つの習慣、運動は上向きスキップ!

11月4日の世界一受けたい授業

2時限目 保健体育

長寿・美肌・ダイエットの秘訣は体温1℃アップ!

この冬体温を上げる4つの習慣を紹介。

理想の体温は37度、35度では病気のリスク大!

風邪をひいた時は、お風呂に入った方がいい! 38~40度のお湯に全身つかりましょう。

東京有明医療大学教授 川嶋朗先生が登場です。

スポンサーリンク
レクタングル大




ストレスが体温を下げる

日本人の体温は昔に比べて、下がってきています。

ストレスがかかると、血管が収縮し続け、体温を下げます。

体温を上げる4つの習慣

1、朝の習慣を変える

朝の長時間の2度寝はNG

朝の光を浴びると、自律神経のサイクルが整います。

朝のシャワーも効果あり。腰にシャワーを当てると効果的。仙骨は内臓の血流をコントロール神経が通るところ。お湯で1分徐々に温度を上げていきます。

2、食生活を変える

朝食に生野菜はNG。水分が多く体を冷やします。

タンパク質、特に納豆がおすすめ。

どんな鍋でも体温が上がる一工夫は、片栗粉でとろみをつける。

だし汁にとろみをつけたあんかけは、だし汁そのものよりも保温性が高いので、長く体を温めることができます。

カレーやキムチは温め食材であるが、汗をかいてしまう心配もあります。

3、服装を変える

羽毛のダウンジャケットの体温を上げる着方は、中に着るものを薄着にすること。

羽毛を温かく感じるのは、体温で羽毛が温まるため。厚着をしていると体温が伝わりにくいのです。

羽毛布団の下に毛布を使うのはNG。毛布は上にかけます。体温が毛布に遮断されてしまいます。

4、体温を上げる運動

上向きスキップ。1日10回。朝食前がおすすめ。

上を向いて、その場でスキップするだけ。

スキップすることで下半身の筋肉をしっかり動かせます。

ふくらはぎの筋肉はポンプの役割を果たして、血流がよくなって体温が上がります。

上を向くことで気道が確保され、呼吸がゆっくりになり、リラックスします。血管が開いて血流が改善するのです。

川嶋朗先生著書


温めるだけで脂肪は溶ける すぐできるダイエット (才色こまち) [ 川嶋朗 ]


川嶋流「温活」で心とからだの万病を防ぐ (医者が太鼓判)


すべての病は「気」から!温めてめぐりを良くして不調知らず【電子書籍】[ 川嶋 朗 ]

よかったらこちらもどうぞ。

世界一受けたい授業 ざんねんないきものトップ10 1位はサバンナモンキー

世界一受けたい授業 最高齢アプリ開発者のいつまでも現役で過ごす方法



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする