世界一受けたい授業、ざんねんないきものトップ10、1位はデンキウナギ

2018年1月13日の、世界一受けたい授業

まだまだあった「ざんねんないきもの」トップ10

累計145万部突破「ざんねんないきもの事典」

執筆者・丸山貴史先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大




10位 メガネザル

大きな目を持つメガネザル。頭蓋骨よりはみ出るほど目が大きすぎて、目玉が動かせない。そのかわり、首は真後ろまでまわります。

9位 ヤブイヌ

たぬきそっくりの犬の仲間。

メスはおしっこする時逆立ちする。高いところにおしっこした方が、縄張り的に強いので。

8位 豚

太っているイメージなのに、体脂肪率は15%。

7位 ズキンアザラシ

オスの喧嘩の時、片方の鼻の穴から風船のような粘膜を出します。より大きく膨らませた方が勝ち。

6位 アルパカ

気に入らないことがあると、口からゲロを吐く。すごく臭いみたいですよ。

つばを吐いているんじゃないのですね。

5位 フェネック

砂漠にすむ世界最小のキツネ。

CNNが選ぶ「世界各地に生息するかわいい動物ベスト20」で1位に選ばれた動物。

足の裏の毛がボーボー。可愛い肉球を毛で隠しているのです。

4位 シロイルカ

哺乳類としては珍しく、脱皮します。

硬い氷にあたって皮膚が傷だらけになってしまうシロイルカ。皮をはがすため。浅瀬の砂利に体を擦りつけます。その時に、ホッキョクグマに食べられてしまうことも。

3位 バク

うんこをするときは、水の中。臭いで虎などの敵に襲われないようにするためです。

2位 ハイエナ

骨まで食べるので、うんこが白い。

1位 デンキウナギ

喉には肛門がある。

体の8割が発電器官。頭の部分2割に体の器官が集まっているので、肛門が喉のそば。

ざんねんないきもの事典


ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ [ 下間文恵 ]


続ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ/今泉忠明/下間文恵/フクイサチヨ【2500円以上送料無料】

前回の内容です。よかったらこちらもどうぞ。

世界一受けたい授業 ざんねんないきものトップ10 1位はサバンナモンキー



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする