この差って何ですか?お通じが悪い人は食事の間を8時間あけて便秘解消

11月28日の、この差ってなんですか?

お通じが良い人と悪い人の差

女性に多い便秘。特に女性の60歳以上では、6人に1人は便秘です。

そもそも便秘は加齢で腸の力が衰えたり、ストレスによって腸が正常に働かなくなるのが原因。

腸の中で便が腐り、毒素が出て、肌荒れやむくみなどの不調があらわれます。腐った便が大腸をふさいでしまい、最悪大腸が破裂するそうです。怖いですね。

スポンサーリンク
レクタングル大




お通じが良い人悪い人の差

お通じが悪い人の腸は「ぜんどう運動」をしています。

ゆっくりと伸びたり縮んだりして、便をゆっくり送ります。

お通じが良い人の腸は「大ぜん動」をしています。

腸は激しく動きます。便を押し出す力は、ぜんどう運動の200倍!

大ぜん動は1日に数回しか起こりません。

大ぜん動を起こす条件とは?

食事と食事の間は、8時間何も食べない!

昼間は難しくても、寝ている間でもいいのです。

食べ物を食べると、胃で3時間かけて消化し、小腸で5時間かけて消化します。8時間経過し、大腸に送られ、胃と小腸が空になると、大ぜん動が起こります。

いつも食べていて、胃と小腸が空にならないと、大ぜん動は起こりません。

おすすめスケジュール

午後7時夕食。8時までに食べ終わります。

午後11時就寝。夕食は就寝の3時間前までに取りましょう。

午前4時には大ぜん動が起こるはず。

朝、コップ1杯の水を飲むことで、朝の排便が促されます。

松本明子さんも実践

長年の便秘を解消した、松本明子さんもこの条件を実践しているそうです。

夜6時に食事をとり、12時に寝る生活を続けているそうです。

1か月弱で便秘がなくなり、肌荒れ、肩こり、更年期障害、冷え性が良くなったそうです。


楽天市場で探す
Amazonで探す



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする