マツコの知らない世界、シャボン玉の世界、秘伝のシャボン液レシピ

11月7日のマツコの知らない「シャボン玉の世界」

50年以上もシャボン玉を作り続けているシャボン玉ブラザーズ・杉山兄弟(杉山弘之さん、杉山輝之さん)が登場。

子どもの頃、誰もが遊んだシャボン玉。大人になって見てもキレイですね。

スポンサーリンク
レクタングル大




シャボン玉人生

幼少期は、兄弟そろってシャボン玉好き。

19歳でテレビで大きなシャボン玉を作ってから一念発起、1974年杉山プロモーション設立。

シャボン玉演出専門の会社です。

シャボン玉ホリデーオープニングや、数多くのCMを手掛けたり、大きなシャボン玉やロングシャボンに挑戦したりして活躍。

今は幼稚園などでシャボン玉演出をしています。

最新シャボン玉

シャボン玉は万国共通、進化し続ける「遊びの王様」

食べられるシャボン玉

体に有害とされる成分を排除し、市販のジュースと混ぜてシャボン玉を作れます。

氷点下のシャボン玉

美しすぎる氷点下のシャボン玉。シャボン玉にきれいな模様ができます。

ギネス公認巨大シャボン玉

ロシアでギネス更新。閉じていないトンネルタイプで、身長152㎝以上の人が374人、その背丈を超えるシャボン玉ができました。

食べられるシャボン玉に挑戦

Bubble Lick Edible Bubbles 12.99ポンド(約2000円)

濃度の濃い飲み物や乳製品は、上手にシャボン玉ができないこともあります。

マツコさんもジュースでシャボン玉を作りました。

残念ながら、日本では販売されていないようですが、海外のサイトからは買うことができるようです。

子どもに尊敬されるシャボン玉遊び

1、素手で連射

指の形で自由自在。片手連射シャボン玉は子どもでもOK。両手大連射シャボン玉はちょっと大変そう。

2、身近なもので

内輪の骨組み、サンダル、プルトップ、栓抜きなど。団扇の骨組みは液をつけてあおぐだけで、一気にたくさんのシャボン玉が作れます。

秘伝のレシピ

シャボン玉は液が命!

「家庭用+水」と「兄弟秘伝の液」をふき比べます。秘伝の方では、シャボン玉が長く続きます。マツコさんも「全然違う」って。

この秘伝のレシピを教えてくれちゃいました。

2時間で出来る、おうちで簡単、美しく割れにくいシャボン玉液の作り方

1、浄水器の水1リットルを60度に加熱

2、粉ゼラチン5gを入れ、約20分かき混ぜる

3、液体石鹸280~300㎖を入れる

4、ガムシロップ1つ入れる(割れにくくするため)

5、炭酸水30㎖を入れる(液を混ぜ合わせるため)

6、ラム酒10㎖を入れる(美しい色をだすため)

7、液を1時間放置して十分に冷ます

お子様向けはラム酒抜きで作ってくださいね。

シャボン玉ショー

「生涯最後のつもりで頑張ります!」と言ったラストシャボン玉ショー。

マツコさんは「最後じゃないと思う」って言ってましたけど。

まず、100万個のシャボン玉マシーン。じじいとシャボン玉の幻想的な光景です。

ペットボトルシャボン玉、二重シャボン玉、親子シャボン玉、メリーゴーラウンドシャボン玉と見せてくれます。

大技のバブルシャワー、ロングシャボン玉に続いて、マツコさんも参加のレインボーキューブ。扇型のシャボン玉を作り人間を包むもの。直径2メートルの巨大な輪でマツコさんを包めるか!

お兄さんは1回目、2回目とも失敗、弟さんはなんとかおまけで成功!

杉山兄弟オフィシャルサイト

杉山兄弟の本


杉山きょうだいのしゃぼんだまとあそぼう

楽天市場で探す
Amazonで探す

前半の内容はこちら。マツコの知らない世界、大学博物館の世界、化石発掘、水族館、拷問展示 



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする