マツコの知らない世界、片手袋研究家・石井公二って何者?

2018年2月6日の、マツコの知らない世界

世界で唯一の片手袋研究家・石井公二さんが登場!

「街に落ちている片方だけの手袋」を見つけては写真を撮影し、研究する生活を13年している方

スポンサーリンク
レクタングル大




片手袋研究家?

東京都出身。職業は飲食店経営。

2004年、魔が差して片手袋の写真を撮ってしまい、片手袋を見つけたら必ず撮る生活を送っています。

見つけたら取らずにいられないのは、結構つらいことも?

最初は片手袋はラッキーアイテムだったのに、今や呪いのアイテム!?

片手袋のタイプ

1、悲哀を感じる放置型。

地面に落ちてたままの片手袋。

2、慈愛を感じる介入型。

地面に落ちたものを拾って、フェンスなどにおいてくれた片手袋。

子どものつくった落とし物箱に入っていものもありました。

石井さんの研究によると、半数は介入型だそう。人の優しさを感じますか?

片手袋分類図

自作7バージョン目の分類図で説明してくれました。

世界の片手袋ファン?

トムハンクスのツイッターには、片手袋が多い!

これ以降世界中に、片手袋ファンがめちゃくちゃ増えているそうです。

本当か? そうなのか?

まとめ

このまま研究を重ねて何の役に立つのか?

悩みながらも、石井さんの片手袋研究は続く!?

片手袋研究家・石井さんのサイトはこちら 片手袋大全

石井さんが子どもの頃読んでいた絵本はこちら。

ウクライナの絵本「てぶくろ」は落とした片手袋に、色々な動物が入って住み始めるお話。


てぶくろ ウクライナ民話 (世界傑作絵本シリーズ ロシアの絵本) [ エヴゲーニ・ミハイロヴィチ・ラチョフ ]

同じ日の内容です。よかったらこちらもどうぞ。マツコの知らない世界、焙煎士のおうちコーヒーの淹れ方&コーヒーメーカー 



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする