ミヤネ屋、ビットコインって何?仮想通貨で億り人?暴落の危険あり?

2018年1月26日の、ミヤネ屋

1万円が1億円に!? バブル再来!?

仮想通貨ビットコインについて、解説してくれました。

億を稼ぐ人もいれば、無一文になる人も…希望ゲームか、絶望ゲームか!?

スポンサーリンク
レクタングル大




ビットコインとは?

インターネット上で自由にやり取りできる仮想通貨の一つ。実体はない。

両替なく世界中で使えることを目指して誕生しました。

今、ビットコインの半分は円。保有者は日本人が多いのです。

ネットで、わずか10秒足らずで買えてしまいます。

お金のように支払いができ、海外への送金は手数料がほぼゼロ、決済スピードが早い優れもの。

去年1月10万円だったのが、去年12月には200万円!

去年4月、日本政府が世界で初めて、仮想通貨での金銭のやり取りを法律で認定したため、信頼度が増し、価値が上がったのだそう。

億万長者になった人は「億り人」というのですって。のめり込む人も多数。

ビックカメラなど多数の店舗で、ビットコインの支払いができます。

投資用マンションが買える会社もあるのだとか。

ビットコインって大丈夫??

ビットコイン暴落

今年1月、韓国・中国などで、取引規制強化の動きが高まり、大暴落!

資産が半分になる人も…

損が出ても自己責任なのです。

しかし、日本ではビットコインバブルは続く!?

マウント・ゴックス事件

2014年2月、ビットコイン取引所「マウント・ゴックス社」が不正アクセスを受け、管理・保有していた85万ビットコインが消失し、経営破綻。

85万ビットコインは、今の価値で1兆800億円!

その後、元CEOカプレス被告が不正操作したことが発覚しました。

ビットコインの管理って?

円なら国が管理しますが、ビットコインは管理者はいません。

各自がそれぞれ管理し合っているイメージでしょうか(ブロックチェーン)。

発行上限(2100万枚)が決まっているので、インフレになりにくい仕組みだそうです。

買い方使い方

買い方

取引所で買います。

スマホ・パソコンで登録。本人確認・入金したらビットコインになります。

金融庁の登録済み取引所は16社。価格・条件が異なります。

使い方

ビックカメラ、HISなどで使えます。

自動車・マンションも買えます。

メリットデミリット

メリット

・少額で買える 1000円位

・24時間365日使える

・海外送金が便利

儲けた人は、5年間で3億円!

デミリット

・使える店が少ない

・暴落のリスク

・管理のリスク(パスワードを忘れたとか)

・盗難のリスク(パソコンをとられたり、ハッカー被害など)

3億円儲けた人が一瞬で半分になったとか💦

これからの仮想通貨

大手も参入

三菱UFJファイナンシャル・グループは、「MUFGコイン」の2018年度中の実用化を目指しています。

みずほファイナンシャルグループは、ゆうちょ銀行や全国の地銀と連携し、独自の仮想通貨の実用化を目指しています。

他の仮想通貨

イーサリアム、ライトコイン、モナコインなど、現在1300種類以上!

ビットコインは仮想通貨の一つ。他にもたくさんあるのです。

まとめ

2009円ビットコイン誕生の時は0円

2013年3月に約7000円

2013年12月に、約11万8000円

2014年2月に、約5万6000円

2017年4月に、約12万1000円

2017年12月17日、最高値220万円

2017年1月17日、100万円割れ

すんごい上昇、そして乱降下ですね。

今、ビットコインの取引は規制があまりないので、こういうことが起きるそうです。

今後安定するかもしれず、そうすると、投機の意味は薄れそうですね。投機なら今がイイの?

日本は現金主義な感じですが、これからキャッシュレスな時代になるのでしょうか?

ビットコインの保有には税金がかからないけれど、円にすると儲かってたら税金がかかるそうです。また、ビットコインで儲けたら、雑所得で税金を払うそうです。

まあ、1億とか儲かっちゃったら、喜んで納税しますけどね。

詐欺も多いそうです。特に高齢者の方、儲け話に気を付けましょう。

ビットコインの本

ビットコインの本はたくさん出ています。

勉強してみようかな。


ビットコイン完全ガイド (100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ 205)


いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン [ 大塚 雄介 ]


マンガでわかるビットコインと仮想通貨 [ 三原 弘之 ]



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする