ミヤネ屋、恐怖の「未来の年表」日本人は絶滅の危機?28万部のベストセラー

今日のミヤネ屋では、「人口減少ニッポンを考える」

未来には、日本人は絶滅しちゃうかも!?

河合雅司著「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること 」がベースです。

今、売れている話題の本です。


未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)

スポンサーリンク
レクタングル大




日本の人口減少

結婚しない派増加

未婚大国日本。独身のまま、なんの不自由もしない今の時代。結婚したくない、結婚しなくてもいい人が増加中。経済的理由、一人が楽などが理由です。

また、恋愛が面倒という人も増加中。

結婚しなければ、子どもが生まれず、人口は減少していきます。

朝日新聞が出会いビジネス事業開始

~Meeting Terrace~  月会費9,800円 来月スタート。

40歳以上の独身者対象。マッチングではなく交流の場の提供。趣味の場とか。

今まで自治体がやっていた出会いの場の提供も、新聞社が手掛けるようになりました。

人口推移

2017年1月1日の総人口1億2558万人。8年連続減少しています。

2016年の出生率は初めて100万人を切りました。2065年の出生率は、55万7000人になってしまいます。

総人口は50年後、約8800万人に。

約1000年後、2000人に!? 日本人は絶滅危惧種?

日本の未来

2018年 18歳人口が激減

2020年 東京五輪、女性の半分が50歳超

2023年 団塊ジュニアが50代で人件費ピーク 新人不足で管理職が増加?

2024年 団塊世代が全て75歳以上(2100万人)超高齢者大国 介護難民43万人

2026年 高齢者の5人に1人が認知症

2027年 医療崩壊!? 輸血用血液86万人分不足(血液を1番使うのは癌治療)

2030年 百貨店・銀行が地方から消える IT人材60万人不足サイバー攻撃で国防危機?

2033年 3戸に1戸が空き家 町がスラム化

2039年 死者数ピーク 火葬場が不足

2040年 自治体の半分近くが消滅 地方だけでなく東京郊外も?

2042年 高齢者人口がピーク 人口の36%が高齢者

2050年 世界的な食糧争奪戦 世界人口は約20億人に増加

2060年 高齢者の3人に1人が認知症 認認介護(軽度の認知症が重度の認知症を介護)

日本を救う処方箋

脱24時間社会

コンビニ・ファミレスの24時間営業1部廃止。

ヤマト運輸の時間指定サービスの1部廃止。

働く人を成長分野に回すようにしないと、人材不足になってしまうため。

大胆な飛び地合併

隣同士の合併ではなく、例えば東京と島根とか、都心と地方の合併を考えて、弱みと強みを持つように。人が移動していくことで、日本が活性化するように。

例えば、東京都杉並区と静岡県南伊豆町は、医療機関の提携をしているそうです。いきなり合併は無理でも、提携はありでしょうか。

その他

国費学生制度で人材育成

第3子以降は1000万円支給

まとめ

私は団塊ジュニアという世代です。2042年には、団塊ジュニア全てが高齢者になります。

就職難で氷河期と言われた世代。不正規雇用が多いので、貧困率も高いと言われています。いやあ、これはマズイかも…💦

なんだか、長生きしたくないなと思ってしまいますが、このまま日本の未来は年表通りにいってしまうのでしょうか?

1000年後の日本人は、2000人しかいないらしいですし。このまま、絶滅でしょうかね?

でもねえ、1000年後なんて、もう地球もないかもしれませんよね???


未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)[本/雑誌] / 河合雅司/著



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする