映画館でポップコーンを食べる7つの理由と、反対派の気持ち

今日は映画を見てきました。

当たり前のように、ポップコーンを買って食べました。

でも、ポップコーンが苦手な方もいるようですね。

スポンサーリンク
レクタングル大




なぜ、映画館でポップコーン?

映画館にはたいてい売店があり、パンフレットやグッズなどが売られています。ジュースや軽食の売店もあって、中でも人気はポップコーン!映画をみる時は、ポップコーンが欠かせないという方もいるのではないでしょうか?

ただ、映画館のポップコーンは、とってもお高い…。

映画につきもののポップコーン。食べられるには理由があるのでしょうか?

理由その1 食べやすい

上映中は会場は暗くなります。暗がりで食べにくいものは、上映中食べられないですよね。ポップコーンはつまんで口に入れるだけなので、暗くても食べられます。

理由その2 音と匂い

映画鑑賞中は静かにが基本。バリバリ音を立てるポテトチップやせんべいは、うるさすぎでNG。また、唐揚げなど揚げ物は匂いがNG。

というわけで、咀嚼音が比較的静かで、匂いが少ないポップコーンがベストなのです。また、映画館のポップコーンはどこも、紙容器に入っていますよね。ビニールに入れるとカサカサした音がするので、音が出にくい紙容器に入っているのです。

理由その3 掃除が楽

上映の合間の短い時間で、スタッフは掃除をしなくてはいけません。ポップコーンは乾いているので、べちゃっと張り付くことがありません。床や椅子に落ちていても、短時間で掃除ができます。

理由その4 原価が安い

おそらくこれが、映画館側の1番大きな理由かと。

映画は大人一人1800円。けして安くない金額です。しかし、上映する映画館が儲かっているわけではないのだそう。鑑賞券の料金の大半は配給会社に支払いますし、見る人たった一人でも、上映しなくてはいけません。経費がかなり掛かる割に、上映だけでは利益が出にくいのです。

そのため、売店のフードの売り上げは映画館にとって、かなり重要です。古い映画館ほどフードの売り上げが、映画館の利益のかなりの部分を占めると言われています。

原価の安いポップコーンは、利益の出やすい商品です。また、ポップコーンを食べると飲み物が欲しくなります。ドリンクも、原価が安く利益が出やすいメニューです。ポップコーンは、映画館の利益に貢献しているのです。

理由その5 イメージ戦略

「映画と言えば、ポップコーン!」そのイメージは根強いと思います。

「○○と言えば△△」みたいなセットのイメージって、印象に残りやすいですよね。私的には、「銭湯と言えばフルーツ牛乳」が思い浮かびます。刷り込みに近いでしょうか。映画はもともと娯楽なので、食べ物とセットで印象付けるのは、いい戦略だと思います。

理由その6 投げても危なくない

もともと映画を見ながらポップコーンを食べるようになったのは、1900年代初期のアメリカ。昔のアメリカでは、映画がつまらないと物を投げることがあったらしいです。軽くて小さいポップコーンなら、スクリーンも壊れないし、人に当たっても怪我しないですよね。

ただ、今の日本には当てはならないかなあ。

理由その7 トイレに行かずにすむ??

ポップコーンの塩分でトイレに行かずにすむ?という説を見かけたことがありませんか? 尿を止める効果があるとか?

私は正直、コレは実感ないです。塩分でのどが渇いて、ジュース飲んじゃいませんかね? 実証されているというサイトも見かけるのですが、どこで実証したのか、ご存知の方がいたら教えてください。

最近増える、ポップコーン反対派

私の場合

高いとわかっていても、「せっかく映画を見に来たし」と思ってポップコーンを買ってしまいます。イメージ戦略にまんまと引っかかっている訳です。

あんまりシリアスな映画は見ないためか、まわりの普通に食べていますね。

これが静かでシリアスな映画の場合、ポップコーンを食べる音は気になりますか?

私は映画館で売っているものなので、疑問に思ったことはありませんでした。話し声や携帯の着信はマナー違反だと思いますが、売っているものを食べるのは普通のことかと・・・。

映画は娯楽か? 芸術か?

最近は、静かに映画を見たい方から、ポップコーンの音と匂いに批判が出ています。数年前には、新聞の投書で「受動ポップコーン」という批判も載ったくらいです。

この投書を知って思ったのは、「映画が娯楽だった時代が終わったのかな?」と。

娯楽と考えれば、ポップコーンにコーラをもって映画を見る!とても素敵な過ごし方だと思います。でも、映画を芸術鑑賞と思うとどうでしょう? 美術館で、ポップコーンを食べながら絵画鑑賞しませんよね? 静かに集中したい気持ちもわかります。

同じ映画でも時間帯を変えて、飲食OKと飲食NGに分けられないでしょうか?

アナ雪ブームの時、歌ってOKの映画館がテレビで紹介されているのを見ました。「ありのままの~♪」と、みんなで合唱するのです。見た時はびっくりしました。映画って静かに見るものと思い込んでいたので、こういうのもありなんだと。

ニーズが細分化されてきた現在、飲食NGの上映もありかもしれません。私はポップコーン食べる派なので、まわりを気にせず遠慮せず食べたいって気持ちもあります。分けられたら、一番いいのかなと思いますが難しいでしょうか?

ただジュースくらいは買ってあげないと、映画館がつぶれちゃうかもしれませんね・・・



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする