主治医が見つかる診療所、健康習慣10!痩せる緑茶の入れ方、青ネギで若返り

2018年1月11日の、主治医が見つかる診療所

名医&博士がオススメ!

2018年 今年つけるべき健康習慣 10項目

スポンサーリンク
レクタングル大




ワンアップ ツーダウン

脳神経外科・上山博康医師

階段の上り下り。1階上に行く時、2階下に行く時は歩く。

高齢の方は安全のため、手すりをつかんでゆっくり降りましょう。ゆっくり動く方が筋力を使います。

もし1日20段上る習慣をつけると、1年続ければ、東京タワーの展望台まで12回上ったことに。

筋力がついて基礎代謝が上がり、食事がそのままでも、1年で3キロ程度は痩せられる可能性があります。

電話の時は立ち上がる

内科・リウマチ科 中山久徳医師

日本人は、世界でもずっと座っている国民。立ち上がるだけでもいい!

おすすめは電話をかける時。長電話で歩き回れば、なおよし!

これだけで2~3キロなら痩せられそう。1年かければ体形が変わるかも。

リモコンは機械のそばに置くというアイデアも。

テレビのリモコンなら、テレビのそばに置く。自然と運動量が増えますね。

ダイエットに緑茶

食品化学・大森正司農学博士

緑茶にはポリフェノール・カテキンが多く、脂肪の吸収を抑制します。

緑茶の入れ方が大事

1、茶葉の量はスプーン軽く1杯(3g)

2、沸騰したお湯200ml

3、しっかり蓋をして3分抽出

4、最後の一滴までまで入れる(ベストドロップ)

最後が一番カテキンが入っています。この入れ方で、カテキン約250㎎!

約200mlのカテキンを含む飲料を朝食・夕食ともに1日2回摂取すると、12週間で平均1キロ体重減というデータがあります。

1年間なら、約4キロ減量の可能性があります。

2時間おきくらいに、少しずつ飲むと良いそうです。

緑茶は入れ方で栄養が変わる

お湯で入れると、カテキンが多くなります。

水で入れると、テアニンというアミノ酸が多くなります。リラックス効果があり、カテキンが少なくなるので、寝る前に緑茶を飲む時は水出しがおすすめ。

食事の時よく噛む 一口30回

内科・川村昌嗣医師

よく噛むことで食べる時間がかかり、満腹が得られ、食べる量が減ります。

早食いは食べ過ぎになりやすいです。

よく噛むと23%食べる量が減るというデータも。

一口30回がおすすめ。

30日で、約1.7キロの減量が期待できます。

数えながら食べたくない方は、

・一口分を1/4に切って食べると、自然と噛む回数が増えます。

・童謡「うさぎとかめ」のペースで30回分

・アーモンドやクルミをプラスすると、噛む回数が増えます。

認知症予防 歩幅の広い早歩き

公共健康医学・谷口優医学博士

歩幅が広い人、速足の人は認知症になりにくい!

腕を意識して後ろに振ると、歩幅が広くなります。

3分の早歩きを、1日3回がおすすめ。約1000歩になります。

腰痛予防 前にキック・お尻にキック

整形外科・西吉浩一医師

キックで腰痛の原因になる、太ももの前後の筋肉をほぐします。

前にキック

仰向けに寝ます。

片足を上にあげ、両手でももの裏を抑えたまま、上に蹴り上げ5秒キープ。

片足5回ずつ。呼吸は止めません。

後ろにキック

うつぶせに寝ます。

ひざを折り曲げて、かかとがお尻に届くようにキック。

片足5回ずつ。呼吸は止めません。

どちらのキックも、朝起きた時・夜寝る前に行いましょう。

5秒間お尻の穴を閉める

泌尿器科・女性泌尿器科・関口由紀医師

尿もれは、骨盤底筋を鍛えましょう。

骨盤底筋は内臓を支えるインナーマッスルの一つ。問題があると、尿もれ、頻尿、便秘などが起こります。

朝起きた時と、夜寝る前に、四つ這いで5秒間肛門をしめます。

冷たい水に触れると尿意を覚えることが多いため、歯を磨く時や皿を洗う時は、立ったまま5秒間お尻の穴を閉めましょう。

お酒を飲む時はトマトを食べる

循環器内科・秋津嘉男医師

トマトで、悪酔い・二日酔いを予防します。

トマトの水分の部分に、アルコールを分解する成分があることがわかりました。

食物繊維もあるので、ジュースよりもトマトそのものがいいようです。

トマトはがん予防にも効果が期待できます。肝臓が発がん性物質のアセトアルデヒドを無毒化する働きを助けます。

生でも煮込んでもよし。

毎日青ネギ20gで若返り

アンチエイジング医学・八木雅之農学博士

老化の原因の一つが、AGEという物質。

体内で、糖とタンパク質が結合して作られるもの。

糖質を炭水化物を撮り過ぎると、肉や魚などのタンパク質と結合してAGEになってしまいます。

青ネギは主に西日本で栽培されるネギ。京都の九条ネギ、博多万能ねぎなどが有名。長ネギとは別のものです。

青ネギは、体内でAGEを作らせない働きが強うのですって。

青ネギは1日20gとりましょう。

20gは青ネギ4本分。刻めば片手に乗るくらい。

味噌汁がおすすめ。蕎麦などの薬味にも。

京都の九条ねぎ、特撰品

番組を毎週見続ければ、1年で132個の健康情報ゲット

最後にまさかの番宣!?

これは見ないといけませんね!

教えてくれた先生の本

泌尿器の関口先生


カラダがときめくちつトレ! (アスコムBOOKS) [ 関口由紀 ]


ちょびもれ女子のための「あ!」すっきり手帖 (健康美人シリーズ) [ 関口由紀 ]

階段上り下りの上山先生


脳動脈瘤がみつかったら (健康ライブラリーイラスト版) [ 上山博康 ]


お茶の科学 「色・香り・味」を生み出す茶葉のひみつ (ブルーバックス) [ 大森 正司 ]

緑茶の大森先生


日本茶をまいにち飲んで健康になる [ 大森正司 ]


医師が教える50歳からの超簡単ダイエット/川村昌嗣【1000円以上送料無料】



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする