昔流行った「ウーパールーパー」の今、ショップや景品で手に入る

今日、何気なくテレビを見ていたら、懐かしのウーパールーパーのことをやっていました。

若い人は、知らないかと思っていたウーパールーパー。実は、今でも日本にいるのですね。

子どもの頃、ちょっと変わった生き物ブームがあって、「エリマキトカゲ」とか「ウーパールーパー」が流行ったのですよ。「エリマキトカゲ」はもう見ないですが、「ウーパールーパー」は今でもペットとして定着しているみたい。特に女性に人気だそうです。

スポンサーリンク
レクタングル大




ウーパールーパー大ブーム

1985年、「日清焼きそばU.F.O」のCMに登場。

ウーパールーパーが「ウパウパ」言ってました。UFOに乗ってきた宇宙人のイメージでしょうか。

キャラクター化され、グッズも売られていたような。イメージソングまでできたのですよ。尾崎亜美さんの「ウーパーダンシング」。アニメもあったっけ。

そもそもウーパールーパーって?

本名はメキシコサラマンダー

「ウーパールーパー」は日本の広告代理店がつけた流通名。本当は「メキシコサラマンダー」といいます。なんだか、恐竜みたいですね。「アホロートル」と呼ばれることもあります。

このウーパールーパー、サンショウウオの仲間です。原産国はメキシコですが、今日本にいるのは国内でペット用に繁殖されたものです。

幼形成熟

メキシコサラマンダーは幼形成熟といって、子供の体型から変態せずに親になります。普通のサンショウウオ類は、子供は体の外にある鰓(えら)で呼吸し、水の中で過ごします。それが大人になると肺呼吸を行い、陸上に上がれるようになるのです。それがメキシコサラマンダーは、主に鰓呼吸をして、一生水の中で暮らします。

大人になると18~25センチくらいになります。

色彩変異個体

ウーパールーパーのイメージといえば、白っぽいピンクの色。でも、ショップによっては、色々な色があるそうです。テレビでは、4色紹介されていました。ピンク、マーブル、ブラック、ゴールデン。マーブルやブラックは、普通のトカゲのイメージに近いです。

メキシコサラマンダーは、マーブルやブラックのような地味な色合いが本来なんだそう。色素が特別変異したものだけが、あの独特の白っぽいピンクになるようです。

飼い方は?

昔、大流行したころ、1匹ウン万円でも入手困難だったウーパールーパーですが、今は1500くらいで売られています。繁殖させる環境が整ったので、安くなったそうです。

多くの熱帯魚屋さんで買うことができます。専門店もあります。

必要な水槽やエサなども、ショップで手に入ります。両生類というよりも、観賞魚の飼い方でしょうか。他の魚と一緒には、飼いにくいようです。

水槽・・・45センチ以上。複数飼育なら60センチ以上がおすすめ。

エサ・・・専用のエサがあります。結構大食漢のようです。

エアーポンプ・・・えら呼吸するため、水中に空気を入れなくてはなりません。

冷却装置、ヒーターなど・・・冬は10℃以下、夏は28℃以上にならないようにします。

ろ過装置・・・水質管理のために必要です。

驚き、ゲームの景品!?

ウーパールーパーについて調べてみると、気になる話が・・・。

それは、ウーパールーパーがゲームセンターの景品になっているということ!

私は見たことがないのですが、本当ですか?

UFOキャッチャーの景品らしいですが、生き物って景品になってもいいもの???

ちょっと、かわいそうな気がしますが・・・。ゲーセンの景品を育てていますって人もいるようですね。結構大きくなりますが、ちゃんと育ててあげてくださいね。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする