ヒルナンデス 、クローゼットスタイリストの捨てる服残す服の基準とは?

2018年9月19日放送。

クローゼットスタイリスト・杉山律子さんさんのクローゼット整理術。

スタイリストの技と整理収納テクニックを併せ持つのが、クローゼットスタイリスト。

服の数は減らして、コーディネートは増やします。

今日は、元フジテレビアナウンサー富永美樹さん47歳のお宅へ。

スポンサーリンク
レクタングル大




クローゼットチェック

3帖の広さに、150着以上がギュウギュウづめ。

まず富永さんの残したい洋服からテーマを決めます。富永さんは「エレガント」

テーマを1つに絞ることで、クローゼットが自分らしく、使いやすい洋服だけになります。

手放す服

ショートパンツ…40過ぎたら膝は出さない。痛々しい…短めでも膝が隠れる程度で。

可愛すぎのワンピ…一目ぼれで買ったのは着まわせないことが多い。

最低3パターンのコーデが思い浮かべないなら、手放すべき。

イメージが合わない服は捨てるべき。

「また流行るかも」は禁句。

残す服

アレンジ可能な服は残す。

ベアトップのワンピは、羽織りもので肩を隠したり、ウエストで履いてスカートにしたり。

長めのロングスカートはおすすめアイテム。

露出多めのキャミは残して、違う着回しを提案。Tシャツとボトムスでエレガントに。

外で保管

最近はクリーニング店に保管サービスもあります。

うまく利用すれば、クローゼットがあきます。

クローゼット整理術

今回50着を手放しました。

ハンガーは色、形、かける向きがバラバラだったのを、同じものに揃えます。

色もバラバラだったものを、項目ごとにグラデーションで並べます。

これで、選びやすいクローゼットに変わります。

おすすめコーデ

主役=デザイン・色・素材などが個性的な服。

脇役=合わせやすいアイテム。

主役と脇役を組み合わせること。

富永さんは主役が多く、脇役が少ないクローゼットだったので、うまくコーデができなかったようです。

ホワイトパンツは、1つあれば着回しが増えるイチオシ便利アイテム。

ホワイトジャケットは、ブラックのワイドボトムスと合わせる。

上下黒一色の湾カラーコーデは、バックを引き立てる。40歳以上にオススメ。

杉山律子さん

スタイリストマスター認定協会・代表理事。

講座で収納術を教えています。

クローゼット本も出版している、敏腕スタイリストです。

杉山さんのブログはこちら。クローゼットは3色でいい


クローゼットは3色でいい [ 杉山 律子 ]

まとめと追加

お家にあるいらない服を断捨離したい方、たくさんいるんじゃないでしょうか?

今回50着減って、コーディネートは60種類に増えました。

減らした服はフリマサイトで売って、次に買う服の資金にする人が多いそうです。

自分のテーマを1つにしぼることが大切とのことですが、自分のことってなかなか自分ではわからないものかも…。

先生によると、服の量は、幅80㎝ほどのクローゼットで充分だそうですよ。

しかし、やっぱり服は新しいものを試したいという方。

服は買わないで、レンタルするというのも手もあります。

airClosetは、月額制の、ファッションレンタルサービスです。

プロのスタイリストが、洋服をコーディネートして届けてくれます。

登録された好みのスタイルやお、気に入りのアイテムの情報から、スタイリストが1点1点アイテムを選んでくれるんです。

返すときはクリーニング不要。気に入れば買取可能。返却期限なし。

利用は、月1回(3着)のライトプランで、月額6800円。

借り放題なら、月額9800円。

自宅で受け取れるので、買い物に行く時間がない方にもオススメです。


よかったらこちらもどうぞ。

ヒルナンデス、クローゼットスタイリスト林智子の大人コーデ!30代の着回しは?

ヒルナンデス、クローゼットスタイリストの服の断捨離ワザ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする