ヒルナンデス、クローゼットスタイリスト!魔法の5大法則で迷わず判断

2019年1月30日放送。

スタイリストの技と整理収納テクニックを併せ持つのが、クローゼットスタイリスト。

服の数は減らして、コーディネートは増やします。

今回は、洋服大好きで捨てられない主婦の方のお宅へ。

目標は、冬のキレイめトレンドコーデ。

捨てるかどうか、迷わず判断できる魔法の5大法則とは?

スポンサーリンク
レクタングル大

魔法の5大法則

ニット「肩と首の法則」

トレンドの、ドロップショルダー・タートルネック・ハイネックは残すこと。

それ以外は捨てること。

ドロップショルダーは、肩の袖付けの線が、通常よりも落ちて女性らしいライン。今年のトレンド・逆三角形シルエットを作るのにぴったり。

タートルネックは残すべきでも、ゆったりしたオフタートルは数年前の流行りなので手放すべき。

チェニック

ひざ下丈よりも、長いものを残すべし。

膝上丈は一昔前の流行りなので、捨てるべき。

チェニックのトレンドは、すとんと着られるIラインシルエット。身長を高く見せる効果も。

前空きは、ボタンを開けてロングカーディガン、ボタンを留めてワンピースになるので、残すべし。

レギンス

チェニックに合わせるレギンス。

トレンドに合わない、ツルツルした素材は捨てるべき。

素材がリブレギンスは残すべし。

膝下丈のレギンスに、リブレギンスを合わせるのが、今年のトレンド。

ボトムス

ぴったり系のボトムスは、タックがあるものを残す(ただしジーンズ以外)。

タックは着やせして、体型カバーにも効果的。

丈の短いワイドパンツは一昔前の流行。ガウチョパンツはもう古い。

パンプスは、ボディーとヒールが同素材・同色だと高級感がある。黄色など明るい色なら、冬コーデの差し色に。

ロングブーツは万能なぺたんこを残すべし。90年代に流行したヒールは処分。

まとめ

以上、服は約500着のうち、350着以上を処分。

靴は約90足のうち、70足を処分しました。

クローゼットも、靴箱も、スッキリしましたね。


金川文夫さん

スタイリスト 金川文夫さんは、1500人以上のクローゼットを改善してきまいた。

お客様は100%女性。30~40代が多いそうです。

クローゼットチェック代は、1時間15000円(税別)~

金川さんの公式ブログはこちら。パーソナルスタイリスト 金川文夫公式ブログ

ホームページはこちら。ソーニョスタイリングオフィス

よかったらこちらもどうぞ。

ヒルナンデス、クローゼットスタイリストの服の断捨離ワザ

ヒルナンデス 、クローゼットスタイリストの捨てる服残す服の基準とは?

ヒルナンデス、クローゼットスタイリスト林智子の大人コーデ!30代の着回しは?

ヒルナンデス 、クローゼット大改造・整理の法則でトレンド服だけを残す!



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告