ヒルナンデス クローゼットスタイリスト!ベーシック大人スタイルの法則

2019年2月27日。

スタイリストの技と整理収納テクニックを併せ持つのが、クローゼットスタイリスト。

服の数は減らして、コーディネートは増やします。

今回の依頼主は、フリーのファッションライター。

クローゼット整理のテーマは「ベーシックが似合う大人女性」。

ロングスカート、ジャケット、ワンピースの整理の法則とは?

スポンサーリンク
レクタングル大

ベーシック大人スタイル

フォーマルワンピース

ワンピースは、肩と膝をみろ!

40歳を過ぎると、露出は控えめに。

残すのは、肩の幅5センチ以上、膝が隠れる長さ。

腕まわりを強調したくない人は、ケープ風ドレスもオススメ。

シャツ

定番だからこそ、捨て際がわからないシャツ。

ポケットがないものを選ぶべし!

ポケットのないシンプルなものを残しましょう。ドレスアップにも、カジュアルにも使えます。

ワークシャツやダンガリーシャツなど、ポケットのあるシャツは子どもっぽい感じ。

しわ加工のシャツも着ぶくれ感があるので、処分しましょう。

ジャケット

襟ぐりに注目。

襟ぐりの形が、縦に深いVのものは残します。

今の流行は、着丈が長いボックスシルエット。ダブルボタンも流行っています。

着丈が短く、襟も小さいものは、一昔前の古臭いデザインなので処分します。

ライダースジャケットは、ジッパーが多いほどハードな印象なので、なるべくシンプルなものを残します。色は黒がオススメ。

ロングスカート

くるぶし丈の長さを選ぶべし!

足が隠れる九分丈がトレンド。

ふくらはぎの長さのミモレ丈は、一昔前のトレンドなので処分しましょう。

ダメージデニム

ベーシックなデニムは5ポケットを残すべし。

ダメージデニムは、ダメージ加工が一つまでのものを残すべし。

当て布がついているとより良い。

40過ぎるとダメージ加工が安っぽくなってしまうので。

林智子さん

クローゼット整理の達人。

以前もヒルナンデスで、クローゼットスタイリストとして登場しました。

取得資格多数。

ライフオーガナイザー、クローゼットオーガナイザー、マスターライフオーガナイザー、骨格スタイルアドバイサー認定講師、整理収納アドバイザー2級。

東京在住。女の子のお母さんでもあります。

クローゼットコーディネートの、著書が2冊あります。


だれにでもつくれる最強のクローゼット 7 steps to make the best (美人開花シリーズ) [ 林智子 ]


「毎日楽しい! 」おしゃれをつくるコーディネートLESSON (美人開花シリーズ)

よかったらこちらもどうぞ。

ヒルナンデス クローゼット整理!スタイリストの春物5大法則

ヒルナンデス、クローゼットスタイリストの服の断捨離ワザ

ヒルナンデス 、クローゼットスタイリストの捨てる服残す服の基準とは?

ヒルナンデス、クローゼットスタイリスト林智子の大人コーデ!30代の着回しは?

ヒルナンデス 、クローゼット大改造・整理の法則でトレンド服だけを残す!

ヒルナンデス、クローゼットスタイリスト!魔法の5大法則で迷わず判断



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告