ヒルナンデス、インフルエンザ予防法の〇×!手袋はしない?きのこがいい?

2019年1月17日放送。

インフルエンザ、流行ってますよね?

現在、全ての都道府県で注意報・警報レベルの基準になるほど。

予防によい食事、病院に行くタイミング、予防法など、専門家の先生が紹介してくれました。

笑って学べる、正しい予防法。

スポンサーリンク
レクタングル大

正しい予防法の〇×

手袋・マフラーをするのは×

手袋やマフラーまでつける厚着は、予防にならない??

日光を浴びることでビタミンDを生成。

ビタミンDによって、身体の免疫が上がり、インフルエンザ予防に効果的。

身体全体で日光浴は不要。手袋をしないで20分日光を浴びればOK。

女性はファンデーションをつけているので、顔だけ日光を浴びてもダメだそうです。

帰宅後すぐのうがいは×

インフルエンザウイルスは、喉に侵入して早期に細胞内に感染してしまいます。

外出後、すぐにうがいする程度では予防できません。

しかし、風邪に足しては予防効果があるので、うがいはした方がいいそうです。

ランチにきのこパスタは〇

ビタミンDは、インフルエンザ予防に効果的。

キノコ類、魚介類は、ビタミンDが豊富。

鮭ときのこが入ったものが、特にオススメ。

かかったらすぐに病院に行くのは×

インフルエンザ検査は、鼻から綿棒を入れて、喉の奥でウイルスが増殖しているかをチェックします。

発症してすぐは増殖しないので、少なくても約6時間は待たないと正しい結果は出ません。

最新の機械では、6時間で80%わかるそうですが、20%は分からないので、6~12時間くらいたってからがベスト。

それまでは人にうつさないように、自宅で安静にしましょう。

インフルエンザの予防ワクチンを今から接種は〇

ワクチン接種から抗体が有効になるまで、2週間かかります。

流行のピークは、1月末から3月なので、間に合います。

大谷義夫先生

今回教えてくれました。

医学博士。池袋大谷クリニック院長。


止まらない咳を治す! (扶桑社ムック)


疲れやすい、痩せにくいは呼吸が原因だった [ 大谷義夫 ]

よかったらこちらもどうぞ。

ジョブチューン、咳にコーヒー、インフルエンザにれんこん、冷え性にまいたけ

ヒルナンデス、元気の素きのこ、マイタケでインフルエンザ予防!



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告