世界一受けたい授業、富士山噴火に備えるものトップ3、ラップの使い道とは?

2018年4月21日放送。

1月23日草津白根山噴火。

一般的な火山噴火とは大きく違う点がありました。それは噴火の兆候がなかったこと。

突然で、兆候がなかったので、警報が出なかったのです。

日本は世界有数の火山大国。

生死を分ける火山学最新版を、京都大学教授・鎌田浩毅先生に教わります。

スポンサーリンク
レクタングル大

火山大国日本

日本は世界の1割、111の活火山が密集しています。

一番活火山が多い都道府県は、実は東京都。21の活火山。

三宅島、伊豆大島、八丈島、硫黄島など、気象庁が24時間観測しています。

都市部に一番近い活火山は、2015年噴火した箱根山。

火山の噴火に遭遇したら絶対してはいけないことは、噴火の様子を撮影すること。

避難が遅れるので、大変危険です。

噴石

噴石、火山弾などが飛んできます。

3キロ以上離れたところに、噴石が飛ぶことも。

山にいる時は、大きな岩陰に隠れましょう。リュックで頭を守り、身を低くします。

噴石避難用のシェルターの位置も確認しておきましょう。

火山灰

火山灰は水分を含むと粘度のようになって、足がとられてしまいます。

もし富士山が噴火したら?

300年以上噴火していない富士山。

江戸時代の噴火と同じなら、噴煙の高さ約2万m。

偏西風に乗って数時間以内で東京の到着。2~10センチの火山灰が降る予想です。

範囲は房総半島に東側まで広がります。

用意しておくものトップ3

3位 ゴーグル&マスク

コンタクトレンズは危険。

灰は尖ったガラスのようなので、目に入ると角膜を傷つけます。→ゴーグルで防ぐ。

体に入るとのどの炎症など、健康被害が。→マスクで防ぐ。

髪につくととりづらいので、レインコートも用意しておくといいでしょう。

2位 ラップ

窓を閉めていても、灰は室内に入ってきてしまいます。

火山灰から電子機器を守るのはラップ。

パソコンなどは静電気を帯びているので、ラップを巻いておきましょう。

1位 ヘッドライト

火山灰が雨で濡れると電気を通す性質があります。

電線がショートして、停電してしまうかもしれません。

片手が塞がる懐中電灯よりも、両手が使えるヘッドライトを用意しておきましょう。

まとめ

都市部でも被害が考えられる火山の噴火。

用意しておくべきは、マスク、ゴーグル、レインコート、ラップ、ヘッドライト。

マスクとラップはいつでも家にあります。

ゴーグルはスキー用しかないけれど、ダメかしら。

レインコートは100均のならあったっけ。

火山でなくても、地震による停電の時も、ヘッドライトは便利。

ウチも防災セットの中に一つ、ヘッドライトを入れてあります。

備えが大事ですね。

また登山やハイキングなどの前には、気象庁のHPで噴火レベルを見ることができます。チェックしてから行くといいですね。


防災グッズ 【防じんメガネ(PBM-1CB)】 防塵 安全メガネ 保護メガネ 安全めがね 保護めがね 災害対策 備蓄用 防災用品 避難用品 避難グッズ 災害時 緊急用 非常用 角利産業


【楽天ランキング1位】【改良モデル】 ヘッドライト LED LEDヘッドランプ 防水 ヘッド ライト 釣り アウトドア 登山 防災 ライト 作業灯 CREE 災害対策 懐中電灯 1000ルーメン

鎌田浩毅先生の本


もし富士山が噴火したら どうなる?どうする? [ 鎌田浩毅 ]


せまりくる「天災」とどう向きあうか



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告