世界一受けたい授業、長寿の偉人に学ぶ健康法、家康は健康オタク!?

2018年7月28日放送。

日本史に見る健康科学。

多摩大学客員教授 河合敦先生の授業です。

265年にわたって政権を握っていた徳川家、実は将軍の多くは長寿。

将軍の10人は50歳以上、特に家康75歳、家斉69歳、慶喜77歳と長生きでした。

実は家康は、健康オタクだったらしいですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大




長寿の偉人から学ぶ健康法

徳川家康の麦飯

徳川初代将軍。75歳。

ナスの粕漬や焼き味噌などの発酵食品を好み、毎食、麦飯を欠かしませんでした。

麦飯には、食物繊維はビタミンB1が豊富で、便秘に高血圧症に効果が期待できます。

また、家康の食のこだわりは2つ。

季節ハズレのものは食べないこと。冷たいものは食べないこと。

北条早雲の梅干し

戦国の武将。88歳

よく食べていたのは、多くの効能を持つ万能食材。梅干し。

平安時代、コレラが流行った時には、みな薬として買い求め価格が高騰しました。

クエン酸と塩分が多いので、食中毒予防になります。

免疫力を高め、血流促進効果も。

大久保彦左衛門のかつお節

徳川家に仕えた武将。80歳

戦の際のエネルギー食に、かつお節。

戦国時代は「かつお節=勝男武士」で、縁起物として扱われていました。

イノシン酸とペプチドが含まれ、全身の細胞を活性化させ、疲労回復を助けます。

新選組の健康診断

1865年西本願寺、医師・松本良順よる健康診断が行われました。

新選具隊士170人中、70人が病気。不衛生な環境のためです。

衛生管理を指導、大掃除をさせたそうです。

健康診断のはしりと言われています。

伊達政宗の脈拍

独眼竜と呼ばれた仙台藩の武将。70歳

体調管理のために、毎日同じ時間に、脈は測っていました。

脈を測るのは、体温・血圧同様のバイタルサイン(体の指標)。全身の状態を知る大切な行為です。

平賀源内のエレキテル

江戸時代にはオランダから西洋医学が入ってきました。

エレキテルは摩擦起電器。

今でいう低周波マッサージ器に近い物。患者の痛む部位に当てていました。

河合敦先生



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする