この差って何ですか?健康長寿の食べ合わせ!梅干し・鮭・サバ

2019年3月26日

「健康長寿の秘訣!食べ合わせの差」

100歳以上の元気なご長寿の食生活を調査。

100歳以上の方々が週3日以上食べているという食材をランキング化。

その中で、専門家がとくに注目した5つの食べ合わせが紹介されました。

・骨粗しょう症予防【梅干し+わかめ】

・動脈硬化予防【鮭+ブロッコリー】

・認知症予防【サバ+リンゴ】

・腸内環境改善【ヨーグルト+玉ねぎ】

・健康長寿食材NO.1【豚肉+サツマイモ】

スポンサーリンク
レクタングル大

ご長寿が食べている食材ランキング

100歳以上の方々が週3日以上食べているという食材。

1位 豚肉

2位 ヨーグルト

3位 豆腐

4位 サバ

5位 キャベツ

6位 とりにく

7位 納豆

8位 さけ

9位 梅干し

10位 トマト

健康長寿の5つの食べ合わせ

骨粗しょう症予防【梅干し+わかめ】

骨粗しょう症には、カルシウムをとることが大事。

わかめは、牛乳と同じくらいカルシウム豊富。

しかしカルシウムは、吸収しづらい栄養素です。

わかめのカルシウムも、約30%しか吸収されません。

梅干しのクエン酸と一緒になると、カルシウムの吸収率がアップ。

動脈硬化予防【鮭+ブロッコリー】

ブロッコリーは、ビタミンCが豊富。

鮭のアスタキサンチンが、血管をドロドロにする活性酸素を取り除きます。

ブロッコリーを食べると、その動脈硬化予防の効果が長く持続します。

認知症予防【サバ+リンゴ】

皮ごとリンゴをすりおろして、焼きサバにかけて食べます。

まろやかになって美味しいそうですよ。

サバには脳を活性化させるDHAが含まれます。

しかし多くのDHAは、血管内で活性酸素に攻撃され、脳までたどり着きません。

リンゴにしか含まれないリンゴポリフェノールが、活性酸素からDHAを守ります。

腸内環境改善【ヨーグルト+玉ねぎ】

スライスした玉ねぎにはちみつをかけたものを、ヨーグルトに入れて食べます。

腸にイイのは、ヨーグルトのビフィズス菌。

エサをしっかり入れて、ビフィズス菌を増やす必要があります。

ビフィズス菌は、水に溶ける水溶性食物繊維を好みます。

玉ねぎには水溶性食物繊維が豊富なので、ヨーグルトと玉ねぎは効果的な食べ合わせです。

健康長寿食材NO.1【豚肉+サツマイモ】

豚肉は、ビタミンB1が豊富。疲労回復・免疫力アップ効果が期待できます。

豚肉の脂は、血液に入って酸化すると、過酸化脂質に変化します。

これが動脈硬化の原因になったり、細胞の老化を引き起こします。

サツマイモには、ビタミンEが豊富。

ビタミンEが、脂が過酸化脂質になるのを防ぎます。

豚肉とサツマイモの甘辛煮

1、豚肉とサツマイモを入れて煮る

2、サツマイモに火が通ったら、醤油と砂糖で味付け。

3、玉ねぎを加えて、ひと煮立ち。

白澤卓二先生の本

食べ合わせてを教えてくれた白澤卓二先生は、お茶の水健康長寿クリニック院長。

食事についての本を多数出版しています。


図解 名医が教える 病気にならない最強の食事術 (扶桑社ムック)


名医がすすめる! 老けない最強の食べ方 [ 白澤卓二 ]

よかったらこちらもどうぞ。

2019年3月19日。 100歳越えの元気ご長寿が食べている、”長生き朝ごはん”が紹介されました。 朝ごはんは毎日決まっ...
2019年2月12日「この差って何ですか?」 人気の魚の缶詰。 サバ缶が流行っていますが、売り切れ続出…💦 でも、鮭缶の健...
2018年2月19日放送。 耳・鼻・ノドの老化が大病のサイン!見逃すなSP ・朝の鼻水の原因はモーニングアタック ・名医実...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告