この差って何?月20万のセカンドライフ!シニア向けマンションor海外移住

2018年10月2日放送「この差って何ですか?」

年金だけで大満足な暮らしができるセカンドライフの差。

夫婦二人で、月20万円で暮らせる?

大満足な暮らしをおくっている方々が登場しました。

シニア向けマンションと、海外移住。

羨ましいセカンドライフを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大




もらえる年金はいくら?

65歳からもらえる年金。

平均年収約500万円、40年勤務で 約16万5000円

専業主婦で 約6万5000円。

夫婦合わせて、約23万円。

10年前から減り続け、これからも減るのではと言われています。

シニア向けマンション

食堂・医療設備・娯楽設備が揃った分譲マンション。

現在約22万人が入居。全国に約7500棟もあります。

住んでいる方は、退職金や持ち家売却でマンションを購入。年金が生活費です。

1LDKで3000万円くらい。

1Kなら、1100万円から購入可能。

スマートコミュニティ稲毛

千葉市のシニア向けマンション。

50歳から入居可能。

約3万坪の土地に、約700人が暮らします。

住居

・キッチンはIH。

・床はバリアフリー。

・玄関やお風呂には手すり。高齢者に親切な居住スペース。

サービス

・10分500円で、家事代行あり。

・サークル多数。蕎麦打ち、テニスなど80以上。いくつでも参加可能。サークル活動費は、施設管理費に含まれます。

・食事は超豪華レストランが4つ。和食・洋食・海鮮・焼肉。1日2食で1400円。管理栄養士監修。

・保健室に看護師常駐。総合病院へ送迎サービス付き。

毎月の生活費

ある夫婦二人の1か月の生活費は、19万9千円と紹介されていました。

施設利用料 7万6000円

食費 8万4000円

光熱費 1万6000円

雑費 2万3000円

スマートコミュニティ稲毛

海外移住

60歳以上の海外移住者は、年間約18万人。

12年間連続1位は、マレーシア(2位タイ、3位ハワイ)。

マレーシアは物価が安く、年間平均27℃で寒暖差がなく過ごしやすいため。

日本との時差も、1時間しかありません。

マレーシアのマンション

クアラルンプールにおすまいのご夫婦に、高級住宅地のマンションを見せていただきました。

入り口にはガードマンが24時間体制。

巨大なプール付き。

最上階のお部屋は、5LDK+M。家具付き。

リビング25畳。寝室2つにオーディオルーム、来客用寝室、書斎まであります。

テラスからクアラルンプールが一望できます。

Mはメイド部屋。マレーシアはメイドを雇うのが一般的。

1か月の家賃は、なんと6万円!

マレーシアのくらし

・ゴルフ場は、1ラウンド約3000円(日本は約1万円)。

・クルージング、電車、バスはシニア割引で半額。

・日本人会があり、日本人の友達ができる。

・料理の値段が安い。レストランで1人500円くらい。屋台はもっとリーズナブル。

・日本の企業が進出。日本食材も手に入る。

・日本人看護師がいる病院もあり、日本の国民健康保険が適用。

1か月の生活費

家賃・食費・光熱費・雑費、全部入れて合計、188,500円ですって。安い!

ものすごーく羨ましいセカンドライフでした。

みなさん、とてもイキイキしていて、お年寄りに見えませんでしたね。

特にマレーシアのマンションは豪華すぎ!私も住みたいなあ。

よかったらこちらもどうぞ。

この差って何ですか?1日何歩?歩く事で認知症・骨粗しょう症・高血圧予防



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする