世界くらべてみたら 風邪予防法&治療法は?ロシアのナストイカ&インドのスートラネティ

熱のある犬

2020年3月4日

世界の風邪の予防法をくらべてみたら?

日本で1番風邪をひかない県は、和歌山県と山梨県。

和歌山県は南高梅、山梨県は甲州小梅の生産量日本一。

梅干は1日1粒食べれば医者いらずと言われます。

クエン酸で、疲労回復、免疫力増強が期待できます。

和歌山県では、梅干をお茶に入れたり、煮魚に入れたりもします。

スポンサーリンク
レクタングル大

ロシア

1~2月の平均気温は約ー10度(東京は約5度)。

世界一寒い地域、ロシア・サハ共和国は、最低気温ー71.2度のギネス記録を持っています。

一日中ー30度以下。

野外の市場では、商品はどれも凍っています。

ナストイカ

ナストイカは、家で作る風邪薬。

風邪に効くものを混ぜたウオッカで、家庭で味が違います。

ある家庭では、ウォッカにショウガとハチミツとレモンの皮を混ぜたもの。

別の家庭では、薬草を混ぜています。毒部のトリカブトも少量なら薬になるのだよか。

毒性を抑えたトリカブトは、血液循環の改善などに有効とされる漢方薬。

薬草学を熟知した方だから作れるもの。マネしちゃダメですよ。

モルジ

風邪予防法モルジとは、健康のために凍った川に入ること。

モルジ=セイウチ

風邪予防のため氷水に入る人たちを、セイウチに例えモルジと呼ぶようになりました。

水温は0度。-40度で着替え。

眠った免疫力を叩き起こして、風邪をひきにくい体にするのです。

子どもでもー40で水浴びします。

日本人スタッフが入ったところ、身体中から湯気が止まらなくなり、寒くなくなったそうですよ。

インド

インドは年間を通して温暖。

デリーは最高気温18度、最低気温7度と、寒暖差が激しい地域。

マサラ

風邪が15分で治る!?

マサラはスパイスのこと。

クローブは、殺菌、痛みを抑えるスパイス。虫歯にも効きます。

風邪用のカレーにして食べるそうです。

効果を出したりスパイスは最初に炒めるのがポイント。

スパイスに風邪の症状を緩和する働きは認められると言います。

咳用のカレー…喉にいいクローブ・胡椒・マスターシードを多め。

熱の風邪用…フィネグリークの葉が多め。

胃腸の風邪用…フェンネルシードという甘みのあるスパイスが多め。

スートラネティ

ヨガの一種。

鼻からひもを入れて、それを口から出します。

目と鼻と耳の洗浄ができ、風邪を予防できます。

涙や鼻水が出て、悪い菌を追い出してくれるとか。

週一回やれば、風邪はほとんどひかなくなるそうです。

鼻うがい(ジャラネティ)の発展系。

過度な刺激は粘膜を傷つけるかもしれないので、気を付けてくださいね。

まとめ

風邪くらいでは病院に行かない国も多いみたいですね。

モンゴルでは「チャチャルガン」を飲むそうです。

モンゴルやチベットなどに自生する植物の実で、喉の痛みなどに効果があると言われています。

匂いは味噌を発酵させたような? 味は美味しいみたいですよ。


スーパーフード グアマラルシーベリージュース サジー ジュース 720ml 100% 天然・無添加 モンゴル国産 サジー 沙棘 シーバックソーン シーベリー ヒッポファエ チャチャルガン【5,500円以上送料無料 】

よかったらこちらもどうぞ。

2020年2月26日 世界の「ご飯のお供」を食べくらべてみよう! 日本のご飯にあう、世界の料理を紹介してくれました。 ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする