ソレダメ!ベスト・オブ・ソレマル新常識!靴下はスーパーボールで洗う

2018年8月8日放送。

今回は復習編。

今までの放送から選ばれた、夏のベストオブソレマル!

スポンサーリンク
レクタングル大




ベストオブソレマル

チーズの切り方

チーズを切る時に、キッチンペーパーを包丁に巻く。

チーズにくっつかずに切れます。

粘着クリーナー

粘着クリーナーでフローリング掃除する時は、輪ゴムをまく。

床にくっつかずに掃除ができます。

卵サラダの作り方

メンドウなゆで卵のみじん切りは、オクラが入っていたネットを使います。

ネットで絞れば一瞬です。

洗濯ハンガー

靴下の取り込みが一気にできる。

針金ハンガーの上の部分を外し、洗濯バサミを通し、元に戻して使います。

魚焼きグリルの片付け

水200cc、片栗粉大さじ4で水溶き片栗粉を作り、受け皿に入れます。

この状態で魚を焼くと、脂だけでなく臭いまで水溶き片栗粉へと吸収されます。

魚を焼いた後は、水溶き片栗粉を取り除き、拭くだけでキレイに。

ひき肉の焼き方

ひき肉は焼き目がついてから、ひっくり返します。

ひき肉をすぐにかき混ぜると、鍋の温度が下がり水っぽくなるため。

釘の打ち方

高い所にくぎを打つ時は、段ボールを使います。

切った段ボールの穴にくぎを差し込んで、釘を打ちます。

釘を打った後は、紙なので簡単に千切れます。

つり革の持ち方

肩こり予防になる、電車のつり革の持ち方

5本指でしっかり握らず、人差し指と親指を外して握ります。

つり革をつかむのは最小限の力でOK。

余分な力を使わずに済み、肩こりが起きにくくなります。

卵の殻が器に入ったら

水を濡らした指でとれます。

指を濡らすことで、表面張力の働きで殻がとれます。

靴下の泥汚れ

洗濯ネットにスーパーボール5個にと靴下を入れて、洗濯機で洗いうとピカピカに。

ゴム手袋

ゴム手袋の指がひっくり返った時、

空気を入れて1回転させ、ポンと押すと簡単に戻ります。

ゆでうどんのコシ

こんにゃくと茹でると、コシが強くなります。

こんにゃくの水酸化カルシウムが溶けて、グルテンの結合が強くなります。

1、水1ℓ、うどん1玉、こんにゃく50gを用意。

2、こんにゃくを薄切りにして鍋に入れます。

3、沸騰したら、うどんを入れて茹でます。

生乾きの洗濯物

あっという間に洗濯物を乾かすには、ごみ袋に入れて、ドライヤーをかけます。

熱を逃がさず循環するためです。

ごみ袋を両端をカットすると、湿気た空気が逃げて、早く乾きます。

Yシャツ3枚なら、10分で乾きます。

豚の角煮

冷えた脂はラップでとる。

ポリエチレンは水より脂になじみやすいので、ラップの方に付着します。

脂にラップをかけて、剥がせば脂がとれます。

タオルをフワフワにする

干すときにグルグル回す。

脱水後、繊維は寝た状態ですが、グルグル回すと遠心力で繊維が立ちます。

マグロのサク

美味しいマグロは、サクの側面を見て選ぶ。

平行に筋が入っている部分は、特撰の中とろ。

斜めに筋が入っていると、筋っぽい。

こぼれないシャボン玉容器

シャボン玉の入れ物はこぼれやすいもの。

ペットボトルが、シャボン液がこぼれない容器になります。

ひっくり返しても、まったくこぼれません。

ペットボトルの口から、シャボン玉のふき棒がぴったり入ります。

作り方

1、ペットボトルの上の部分をカット。

2、底の部分に、上の部分をひっくり返してフィット

3、切断面をテープで止める

階段の登り方

階段は、お尻を持ち上げながら登ると楽。

自然と体が前傾姿勢になるため、楽に登れます。

塩の袋の開け方

塩や砂糖の袋は、開ける時こぼしやすいもの。

塩の袋をハサミで開ける前に、つまようじで一刺し!

真空の袋の穴から空気が入り、塩が下に落ちます。

ジーンズの収納

ジーンズを普通に畳んでしまうと、かさばってしまいます。

畳む時にずらして畳むだけで、かさばらずにしまえます。

全世界のリーバイスでやっている方法。

1、縦半分に折る

2、股下の半分辺りで裾を折る

3、後ろのポケットの先端を目安に折る。

椅子から立ち上がる

糸まきまきで、楽に立ち上がる。

立ち上がる時体は前に重心移動しますが、糸まきまきすることで重心が移動し立ち上がるのが楽になるのです。

内側に向かって糸まきまきすると、逆に立ち上がりにくくなります。

車が動かなくなったら

後ろ方押さずに、タイヤを回す。

タイヤが他のタイヤと連動しているので、一つ動かせばOK。

ギヤはニュートラルで、タイヤを押して回します。

小麦粉の保存

余った小麦粉は、ペットボトルを使うと湿気防止に。

1、ペットボトルの上の部分を切る。

2、小麦粉の袋に口を通す。

3、袋を外側に返す。

4、キャップをしっかり閉める。

レジ袋の収納

レジ袋を針金ハンガーにかけて、すっきり収納。

レジ袋は摩擦の影響を受けずに、すっととれます。

大小サイズが違うレジ袋も、一緒にかけておけます。

シャワーホースの中

シャワーホースの内側の汚れは、スポンジでキレイに。

シャワーホースの中に切ったスポンジを入れる。

サイズは、ホースの直径の2~3倍が目安。

ホースの蛇口側からスポンジを3㎝くらい押し込み、蛇口に装着。

水を出せば、内部を擦り洗いしてくれます。

月に1度はお掃除を。

飴色たまねぎ

時間がかかる飴色玉ねぎを、素早く作るワザ。

切った玉ねぎを冷凍しておくと、早く飴色になります。

細胞が壊れ、水分が抜けやすくなるので、半分の時間で出来ちゃえます。

クレヨンの落書き

クレヨンの落書きは、牛乳で消える!

牛乳をつけたぞうきんでこすると、キレイになります。

タンパク質に一種カゼインが、クレヨンの汚れを浮かせて取ります。

仕上げに水拭きとから拭きで、匂いは残りません。

空き瓶の湿気

空き瓶の蓋を風船で密閉します。

風船は厚めがオススメ。

トイレ掃除

水垢汚れは、ラップを使う。

クリームクレンザーを塗った便器を、ラップでこすります。

レンジャーロール

人が倒れたら、レンジャーロールで。

アメリカ元レンジャーが考えたもの。

倒れた人の右足を持ち上げ、その下に左足を入れ込む

右手で太ももをつかみ、体を密着させ回る

回転の勢いを利用して立ち上がる

缶詰まるごとゼリー

1、セラチン大さじ2と、缶詰のシロップを混ぜる。

2、600Wで20秒加熱。

3、シロップに1を戻す

4、冷蔵庫で2時間冷やす

ティッシュと洗濯したら

洗濯物とティッシュを一緒に洗ってしまったら、野菜ネットでなでて取る!

衣類を痛める心配なし。

1、ティッシュのついた衣類を乾かさないで、新聞紙に上に置く。

2、野菜ネットを手にかぶせて、手前から奥になでる。

油性マジックの汚れ

机についたマジック汚れは、練りわさびで落ちる。

わさびのアリルイソチオシアネートが、マジックを同じ性質。

マジックと溶け合うことで、頑固な汚れがおります。

ワックスを溶かすかもしれないので、ご注意を。

名店の格上げ技

・「あぺたいと」の焼きそば

・「島のれん」のゴーヤチャンプルー

・「てんぷら阿部」の天ぷら

・「さば銀又佐」のサバの味噌煮

こちらへどうぞ。ソレダメ名店の格上げ技、ベストオブソレマル4品!焼きそばに天ぷらなど

やってみました

今回のソレダメは、今までの復習編でしたね。

知っていたこともあれば、初めて見たものもありました。

気になったことを、実際にやってみましたよ。

チーズの切り方

チーズを切る時に、キッチンペーパーを包丁に巻く?

キッチンペーパーにチーズがくっついたり、キッチンペーパーが切れたりしないのでしょうか?

チーズではなく、バターで試してみました。

包丁にキッチンペーパーを蒔いた状態で、ゆっくりバターを切ります。

確かに、キレイにバターが切れました。

キッチンペーパーにバターがつくことはありません。

なんだか不思議。

たくさん切る時には、コレ、いいですね。

粘着クリーナー

粘着クリーナーでフローリング掃除する時は、輪ゴムをまく。

確かに、床にくっつかずに掃除ができます。

狭い範囲なら、コロコロで床を掃除するのもイイかも。

小麦粉の保存

ペットボトルの上の部分を切ります。

小麦粉の袋に口を通します。

袋を外側に返します。

キャップをしっかり閉めます。

これで、使いかけの小麦粉も、密閉できました。

ただ、これには2つ難点があって…

まず、キャップをしめるのが大変。けっこう力がいります。

それと、使う時、粉が出にくい💦

少量を使う時はいいですが、1度にたくさん出せません。

小麦粉は多量に使うことが多いので、ちょっとイライラしちゃうかも。

小麦粉を少しずつしか使わないご家庭には、おすすめです。

缶詰まるごとゼリー

缶詰はみかん、ゼラチンはクックゼラチンを使いました。

セラチン大さじ2と、缶詰のシロップを混ぜます。

電子レンジで600Wで20秒加熱して、ゼラチンを溶かします。

それをシロップに戻して、

冷蔵庫で2時間冷やしました。

缶のさかさまにして、ひっくり返します。

缶に穴を開けてみましたが、全然ゼリーは動きませんでした。

缶とゼリーの間に竹串を入れて、隙間を作って、やっと器に開けられました。

けっこう固めのゼリーです。

簡単にできて、見た目が面白いのでいいですね。

また作ります。

ティッシュと洗濯したら

ついうっかり、ティッシュと一緒に洗濯してしまうこと、ありますよね?

あれってイライラするんですよね‥‥。

これがやらかしてしまった洗濯物。

オクラの入っていたネットに手を入れて、ゆっくり撫でます。

すっかりきれいにとれました。

これは便利です。オクラのネットは1つ、捨てずに取っておくことにします。

でも量が多い時は、やっぱり大変。気をつけなくちゃね。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする