ソレダメ、食中毒対策のお弁当の詰め方&まな板の消毒法

2018年6月13日放送。

暑い季節、食中毒に気をつけよう!

最近は、見た目、におい、味などでわかる食中毒は少ないので、五感に頼ってはダメ!

スポンサーリンク
レクタングル大




お弁当の詰め方

レタスを仕切りに使わない

食中毒を予防するには、水分をたつこと。

生野菜はきれいに洗っても菌は付着しています。

おかずと触れ合うことで菌が増えるので、仕切りにレタスは危険。

生野菜を入れる時は弁当箱を分けたり、カップの容器に入れたりしましょう。

ちくわに入れるならチーズ

ちくわキュウリも危険。ちくわのタンパク質を使って菌が繁殖します。

ちくわチーズならOK。

野菜のヘタはとる

ミニトマトやイチゴのヘタはとります。菌が付着しているかもしれません。

食中毒の新常識

ハンバーグはしっかり火を通す

ハンバーグはしっかり火を通すこと!

挽肉は、しゃぶしゃぶやステーキよりも要注意。

肉は表面に菌がついています。挽肉は表面積が広いので、気をつけたいですね。

焼き上がったハンバーグの中央を箸で刺して、透明な肉汁が出れば安全です。

食器の付け置きは2時間以内

スポンジや冷蔵庫よりも、危ないのが食器のつけ置き。

菌が発育する条件は、栄養・水分・温度。

つけおきは長時間たつと、食中毒の菌が最も多くなります。

菌が増え始める時間は2時間。

食器の付け置きは2時間以内で。

O157の症状が出るまでの期間は3~8日

O157は、体内に入った菌が体内で増えるため、時間が必要。

ブドウ球菌の食中毒は、数時間で症状が出ます。

まな板の消毒は熱湯に1分つける

熱湯をかけるだけではダメ。

熱湯に1分つけましょう。

熱湯につけた後、しっかり乾燥させます。熱湯のおかげで乾燥しやすくなります。

まとめ

梅雨の季節に心配な食中毒。

清潔にしているつもりでも心配ですね。

お弁当は、生野菜はさけてヘタはとること。

私はいつもお弁当に、キュウリやミニトマトは普通に入れてました。トマトもケースに入れなきゃダメかな?

まな板の消毒は、熱湯に1分つけるというのですが、かなり大きい洗い桶が必要ですね。

我が家の桶にはまな板が入りません。考えなくちゃ💦

探してみたら、こんな商品もあるのですね。

まな板を立てて入れて、つけおきできるものです。


スキット まな板つけ置き容器 H-5758 パール金属 大きいサイズのまな板もまるごと除菌・抗菌・漂白/スタンド型まな板つけおき容器でまないたつけおき上手に清潔♪

先日の世界一受けたい授業でも、食中毒を取り上げていました。よかったらこちらもどうぞ。世界受けたい授業、食中毒には週3の納豆がオススメ!危険なお弁当のおかずは?



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする