ソレダメ、ウォーキングの新常識、ダイエットには時速8キロで歩こう

2018年4月25日放送。

実はとっても損してる!?知ったかぶり卒業SP

人気のウォーキングの新常識

ウォーキングインストラクター・園原健弘さんに教わります。

スポンサーリンク
レクタングル大




靴の選び方

ジョギングシューズはソレダメ!

クッションが良いため、地面を蹴る推進力を靴が吸収し過ぎるため、筋肉が疲れてしまいます。

ソールは前後の高さの差がないスニーカーがソレマル。その方が疲れにくいのです。

靴の履き方

つま先をあげたまま履きます。

かかとをつけ、つま先をあげたまま、足先から紐をしめます。

足先に余裕を持たせながら履くと、靴ずれ防止に。

歩き方

1、胸やみぞおちから、足を振り出す意識で歩く。

大腰筋を意識して歩くと、足が上がり早く歩けます。

2、足はかかとから、しっかりつける。

ふくらはぎが伸びるので、血液を送り出してくれます。

ダイエットに効果的な歩き方

早く走って負荷をかけないと、体はかわりません。

1万歩で300㎉消費。ご飯2杯分。

正しく歩いて、基礎代謝をあげましょう。

走ると腱は伸び縮みするため、エネルギーをあまり使いません。

歩くのは腱を使わないので、筋肉を使います。

ヤセるには、時速8キロ以上で歩くのが、ソレマル。筋肉を使う量が増えます。

時速6キロの歩き方

1秒間に2歩、1分間に120歩。しゃべれるくらいの早さ。ちょっと日常より早いくらい。

時速8キロの歩き方

1秒間に3歩、1分間に180歩。かなり高ピッチ。

10分程度の歩行がオススメ。ギリギリしゃべれる位が代謝が上がります。

手は下のほうで振った方が肩甲骨が動きます。

やりがちなソレダメ

・目的地を決めるのはソレダメ。

自分にノルマ化してしまうので、周回コースで歩くのがソレマル。

・歩く時は息を吐くことを意識すること。

吸う方は放っておいても吸うので、吐く方を意識します。

認知症予防の歩き方

認知症には「マルチタスクウィーキング」がオススメ。

歩くと同時に何か行う方がいい!

・歩く

・前でパー胸でグー

・引き算をする

これを同時にすると、3つのマルチタスク。

前でパー胸でグーというのは、手を片方ずつ前につき出す動き。突き出した手のひらをパー、胸ではグーにします。

前でグー胸でパーの方が、難しいみたいでした。間違っていてもOKです。

まとめ

・ジョギングシューズより、底が平らな靴を履く。

・靴はかかとを上げて履く。

・大腰筋を意識して、足はかかとからつけて歩く。

・ダイエットには時速8キロで10分歩く。

・認知症にはマルチタスクウィーキング。

意外と知らないことが多かったです。歩くための靴と、走るための靴は違うのですね。

時速8キロのペースは足ふみで試してみましたが、これはなかなかキツイ。

実際に歩くともっと疲れそう…。

でも、10分で良いとは意外でした。10分なら頑張れるかも。

園原健弘さんの本

園原さんは、バルセロナ五輪・50キロ競歩元日本代表です。


あらゆる不調が解決する 最高の歩き方


「数値改善」ウォーキング【電子書籍】[ 園原 健弘 ]



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする