名医のTHE太鼓判、下半身の関節ケア、股関節にはお尻エクボ体操と指圧

2018年4月2日放送。

下半身の関節をケアして一生元気に動こうSP

歩きづらい、股関節が硬い、ひざ痛で杖、腰が痛いといった下半身の悩みに、医師のジャッジは?

スポンサーリンク
レクタングル大




歩きづらい

布施博さんは歩きづらく、特にお酒が入ると下半身に力が入りません。

脊柱管狭窄症が見つかりました。

椎間板とじん帯が、加齢などの原因で飛び出し、神経を圧迫すること。

脳からの命令が足につながらず、歩きにくくなっています。

自転車で改善

自転車を漕ぐのがオススメ。

前かがみで痛みがない人に限ります。

股関節の悩み

中山忍さんの悩みは、股関節が硬いこと。

股関節は、歩くと体重の4~5倍の負荷がかかる部分。

中山さんは普段長時間、ぺしゃんこ座りをしています。

ぺしゃんこ座りができる人は、股関節に悪影響を起こしやすい人。臼蓋形成不全の可能性があります。将来手術の可能性も。

減った軟骨は取り戻せません。予防が大切です。

トリガーポイントの指圧

お尻の周りのトリガーポイント(硬さの原因となっている部分)を指圧し、筋肉を柔らかくすることで、股関節疾患の予防になります。

股関節を開き、膝を曲げ、足の裏を合わせて座ります。なるべく膝を床につけるように座って、床からの20㎝以上だったら筋肉が硬め。

お尻の横の筋肉(中殿筋)の付け根、骨盤の一番張り出した骨のすぐ下の部分を、約15秒ほぐすと効果的。

ゴムボール、テニスボールなどを使えば、一人でも可能です。

おしりエクボ体操で筋力アップ

つま先を正面にして立ち、かかとを上げて合わせます。

お尻にエクボができるので、そのまま10秒キープ。1日3回が目安。

膝の悩み

ラサール石井さんは杖が手放せません。変形性膝関節症と診断されました。

膝の周りのつねるとか、ゴムを巻くことに、医学的根拠はないそうです。

ひざ伸ばし体操

椅子に座る。

片足を伸ばして膝の皿の上に両手を当てる。

垂直に押し、膝の裏を伸ばす。

10回伸ばす。伸ばしている時間は1~2秒。

10回1セット×5~6回(1時間おきが理想)

膝を曲げることが多い生活の人は、膝を伸ばす運動が効果的。

腰の痛み

犬山紙子さんは、腰の痛みに悩まされています。

腰椎からくる関連痛と診断されました。ヘルニアの一歩手前です。

くしゃみは要注意

くしゃみは腰にきます。くしゃみをする前に、机や壁に手をつきましょう。

それだけでも衝撃が和らぎます。

壁ドン体操

壁から1歩離れ、足を肩幅に開く。

手を壁につけ、肘も膝も伸ばす。

そのまま腰を反らす。無理しない程度で。

1日1セット×5~6回(3時間おきが理想)

名医の本

銅冶英雄先生

御茶の水整形外科 機能リハビリテーションクリニック院長。

銅冶英雄の本を楽天市場で探す

銅冶英雄の本をAmazonでさがす

佐藤正裕先生

理学療法士。2010年、股関節セラピーginzaplus設立。

佐藤正裕先生の本を楽天市場で探す
佐藤正裕先生の本をAmazonで探す



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする