健康家庭料理ベスト10!名医のTHE太鼓判ランキング1位は?

2019年4月29日。

医師がうなった「令和」食の新常識。

驚くほど健康効果が上がる家庭料理ベスト10!

普通の家庭料理でも、ひと手間加えるだけで健康度が劇的にアップするそうです。

しゃぶしゃぶで加齢臭軽減、カレーで脳が活性化、餃子で中性脂肪を減らす⁉

テレビで紹介された、気になる食べ方・レシピをお伝えします。

1位 スーパー健康食「豚肉の生姜焼き」

2位 血管が若返る「ニンタマスみそ汁」

3位 中性脂肪激減「ラム肉餃子」

4位 やせる「唐揚げ」

5位 記憶力アップ「冷凍たまごかけご飯」

6位 お通じ改善「納豆ハンバーグ」

7位 頭が良くなる「トマトカレー」

8位 肝臓が若返る「キウイ漬けとんかつ」

9位 血糖値を抑える「肉じゃが」(マービー使用)

10位 脂肪のサビを落とす「お茶しゃぶしゃぶ」

スポンサーリンク
レクタングル大

健康になる家庭料理ベスト10

1位 スーパー健康食「豚肉の生姜焼き」

全世代が不足しているの栄養素ビタミンB1がとれます。

カルシウムを補うため、スペアリブの生姜焼きが紹介されました。

作り方はこちらへ。

2019年4月29日 医師がうなった「令和」食の新常識。 驚くほど健康効果が上がる家庭料理1位は、豚肉の生姜焼き。 ...

2位 血管が若返る「ニンタマスみそ汁」

血管が若返るのは、ニンタマス味噌汁。

ニンはにんにく。アリシンが血管を拡げます

タマは、すりおろし玉ねぎ。ケルセチンが血管を柔らかくし、動脈硬化を予防します。

スは酢。酢酸は血管を拡張させ、血圧の上昇を抑えます。

作り方はこちらへ。

2019年4月29日「名医のTHE太鼓判」 健康に良いニンタマス味噌汁が紹介されました。 医師がうなった「令和」食の新常...

3位 中性脂肪激減「ラム肉餃子」

肉をラム肉に変えたラム肉餃子がオススメ。

ラム肉の不飽和脂肪酸は、中性脂肪を減らす働きがあります。

またニラのアリシンは、中性脂肪を減らす効果があり血液サラサラ効果も期待できます。

作り方はこちらへ。

2019年4月29日。 中性脂肪を激減させるラム肉餃子が紹介されました。 医師がうなった「令和」食の新常識。 驚く...

4位 やせる「唐揚げ」

衣は大豆粉を使用。

生の大豆を粉末状にしたもの。小麦粉に比べて糖質が1/6。また良質なやタンパク質・ミネラルが豊富。(きな粉は炒った大豆を挽いたもの)

肉は鶏胸肉を使用。

高たんぱくで代謝を上げる効果があります。

油はこめ油を使用。

悪玉コレステロールの吸収を抑える植物ステロール含有量が、他の油と比べてダントツ。

5位 記憶力アップ「冷凍たまごかけご飯」

冷凍卵が、生卵でもゆで卵でもない、第3の卵と紹介されました。

卵黄に含まれるコリンには、記憶力・学習能力アップの効果が期待できます。

神経回路を向上させ、認知症の改善にも効果があります。

コリンの弱点は熱に弱いこと。生卵が効果的。

冷凍させると、コリンが減ることなく、旨味は凝縮されます。

詳しい作り方はこちらへ。

2019年4月29日「名医のTHE太鼓判」 医師がうなった「令和」食の新常識。 驚くほど健康効果が上がる家庭料理ベスト1...

6位 お通じ改善「納豆ハンバーグ」

納豆の納豆菌は、善玉菌を増やし、腸内環境を整えます。

油は便通をよくする潤滑油になり、お通じが改善されます。

ハンバーグにすることで、納豆臭さが減り、納豆が苦手な方でも食べられます。

オススメの納豆は、ひきわり納豆。

ひきわり納豆を、塩コショウで味付けした挽肉を混ぜます。

ナットウキナーゼは加熱でなくなりますが、納豆菌は加熱してもなくなりません。

挽肉は鶏肉もオススメ。タンパク質が多く、中性脂肪やコレステロール値を調節します。

肉の割合は、牛1:豚1:鶏1

肉と納豆の割合は、挽き肉3:納豆1

7位 頭が良くなる「トマトカレー」

カレーの隠し味にトマト!

脳を活性化させるために、血液量が増加する必要があります。

トマトのリコピンには、血管拡張の働きがあります。

カレーのスパイス・カルダモンも、脳の酸素量を増加させます。

詳しくはこちらへ。

2019年4月29日「名医のTHE太鼓判」 頭がよくなるトマトカレーが紹介されました。 医師がうなった「令和」食の新常識...

8位 肝臓が若返る「キウイ漬けとんかつ」

豚にしかないポークペプチドが、肝機能を若返らせます。

豚肉にすりおろしたキウイともみこんで、2~3時間漬け込みます。

キウイにしか含まれないアクチニジンという酵素が、豚肉のタンパク質をほぐします。

肝機能に働きかけるソースは、大根おろし+ポン酢+すりおろしキウイ

サクサクの揚げ方はこちらへ。

2019年4月29日「名医のTHE太鼓判」 とんかつ+キウイの健康パワー! 医師がうなった「令和」食の新常識。 驚...

9位 血糖値を抑える「肉じゃが」(マービー使用)

普通の肉じゃがの作り方で、砂糖をあるものに変えます。

糖尿病患者に指導している九段坂病院に聞きました。

砂糖の代わりに、マービーを使います。

2型糖尿病患者のために医療用に作られらた天然の甘味料。約9割の病院で使用しています。

とうもろこしやジャガイモが原料で、天然の物。

甘さはグラニュー糖のような、すっきりした甘さです。

小腸で分解されず、血糖値に影響がほとんどありません。

10位 脂肪のサビを落とす「お茶しゃぶしゃぶ」

しゃぶしゃぶ+お茶で、脂肪のサビを落とす!

ビタミンE豊富な緑茶で、豚肉をしゃぶしゃぶします。

豚肉のタンパク質が、ビタミンの吸収率をアップさせます。

豚肉を緑茶でしゃぶしゃぶすることで、効率的にビタミンEがとれます。

詳しくはこちらへ。

2019年4月29日「名医のTHE太鼓判」 医師がうなった「令和」食の新常識。 驚くほど健康効果が上がる家庭料理ベスト1...

管理栄養士・赤石定典先生の本

よかったらこちらもどうぞ。

2019年1月21日放送。 名医の300人が選ぶ、最強の食材トップ10!! 1位 インフルエンザと闘う 納豆 2位 痩せる...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告