名医のTHE太鼓判、風邪をひかない方法&風邪の引き始めの運動

2018年12月3日放送。

医師に密着!私生活で実践している、新健康術12連発。

名医の健康法を実践したら本当に健康でいられるか、大検証3時間SP!

お医者さんが実践している悩み対策は?

・大谷先生は、風邪の引き始めに5分泳ぐ。

・大竹先生は、風邪をひかないように顔を触らない。

・池谷先生、桔梗等をうがいして飲む。

スポンサーリンク
レクタングル大




大谷先生の健康法

風邪の引き始めに、5分だけあえて運動すること。

ちょっと喉が痛い、寒気がするなど風邪の初期だけ。高熱がでたら運動しません。

5分間の水泳を行うことで、NK細胞が活性化。活性化すると、ウイルスの撃退効果アップします。。

ちなみに風邪は、プールの水の中では感染しないそうです。

水泳でなくても、15分のウォークキングやヨガでも良いそうです。

大竹先生の健康法

風邪をひかない方法は、顔を触らないこと。

風邪は飛沫感染と、接触感染。

飛沫感染は、咳やくしゃみで飛んだウイルスからうつること。

接触感染は、風邪ウイルスがついた手で、触った物や人からうつるもの。

不特定多数の人がさわる、ドアノブ・つり革・エレベーターボタンなどが感染源。

手についたウイルスが、鼻、口、目を擦って入ってくると、風邪に感染します。

髪の長い女性は要注意。髪についたウイルスで感染します。

先生は手をアルコールでよく消毒し、顔はティッシュで触っていました。

池谷先生の風邪の対処法

桔梗等(ききょうとう)は、のどの痛みや腫れに効果が期待できる漢方薬。

先生はぬるめのお湯で溶かして、うがいをして、そのまま飲みこみます。

局所に効くので、うがいをして、さらに飲むのがいいそうです。

同じ日の内容です。他の名医の健康術は?

名医のTHE太鼓判 薄毛白髪にイワシ!医師の健康術12連発

名医の太鼓判 肩シワ伸ばしで肩こり改善!やり方と肩こりチェック

名医のTHE太鼓判 こうじ水で便秘解消!酵母で元気な腸に【医者の新健康術】

名医のTHE太鼓判 オイルうがいで口臭改善!オリーブオイルで菌を減らす!

名医のTHE太鼓判、キクイモは天然のインスリン!高血糖改善!通販あり



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする