名医のTHE太鼓判、長生きホルモンを増やす方法、100歳まで健康に!

2018年8月6日放送。

免疫力を上げて100歳を超えても健康でいようSP

日本は長寿国。

100歳以上の人は、来年には約10万人になるかもしれません。

そんなご長寿の人々には「長生きホルモン」が多いことがかわりました。

生活習慣を見直して、100歳まで健康に!

スポンサーリンク
レクタングル大

長生きホルモン「アディポネクチン」

超善玉ホルモン「アディポネクチン」は、別名長生きホルモン。

こんな効果が期待できます。

・血管の傷を修復し正常に戻す。

・中性脂肪を下げ、善玉コレステロールが増加。

・糖尿病・高血圧予防。

実は誰でも持っていて、増やすことができます。

そして意外なことに、主に脂肪細胞から作られます。

しかし、太りすぎると出なくなります。適度な脂肪が大事。標準体形がいいのです。

長生きホルモンを増やす生活習慣

よく笑う

100歳を超えて元気な方は、落語のテレビを見ていました。

笑うと、ウイルスやがん細胞を攻撃する、NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化。

笑うふりでもいいらしいですよ。

豆腐を食べる

100歳のご長寿の方が毎日食べているのは、お豆腐でした。

豆腐のβコングリシニンと言う成分が、長生きホルモンを増やすと言います。

大豆のタンパク質の成分βコングリシニンが、内臓脂肪・中性脂肪を低減させるのです。

納豆や豆乳にも、多く含まれています。

カレーライスを食べる

ウコンに含まれるクルクミンには、長生きホルモンを増やす効果があります。

香辛料の生姜と赤唐辛子も、長生きホルモンの分泌を促します。

ただし、胃腸に負担がかかるので、食べ過ぎには注意しましょう。

体操をする

朝体操をすることで、新陳代謝を高めます。

腰をひねる運動では、内臓脂肪に刺激を与えます。

全身を使った有酸素運動がイイ!

また、長寿の秘訣は、免疫力アップ!

蒸し大豆とおからパウダーが良いのですって。

よかったらこちらもどうぞ。名医のTHE太鼓判、免疫力アップに蒸し大豆、食前20粒で若返り!

名医の本

池谷敏郎先生

池谷先生は、血管のスペシャリスト。

スリムな印象ですが、昔は太っていたそうです。

36歳で血管年齢45歳・79キロから、53歳、血管年齢35歳・62キロに変身!

この本で、若返りを実現した理由を大公開しています。


血管の名医が教える15歳若返る習慣 (知的生きかた文庫)

大竹真一郎先生

大竹先生は、消化器専門ドクター。

長生きできる52の快腸習慣を、この本で明かしています。


腸の「吸収と排出」が健康の10割 消化器専門ドクターが明かす 長生きできる52の快腸習慣/大竹真一郎【1000円以上送料無料】

森田豊先生

森田先生は、医師・ジャーナリストとしてテレビ出演も多数。

今までブームになった様々な健康法・ダイエット法・民間療法。

一体効果があったのか、この本で検証しています。


あの「健康法」のウソ・ホント (ワニブックス〈plus〉新書) [ 森田豊(医師) ]



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告