名医のTHE太鼓判、認知症予防に口腔ケア&デュアルしりとり

2019年3月4日。

最新!今なら治せる認知症と老眼スペシャル!

こちらでは認知症についてお伝えします。

認知症は、脳の神経細胞が死ぬことが原因。

注意力・記憶力が悪くなり、日常生活を営めなくなります。

スポンサーリンク
レクタングル大

認知症とは?

認知症と物忘れの違いは?

・物忘れはヒントがあれば思い出せ、日常生活で支障がない。

・認知症は日常生活に支障があり、体験自体を忘れる。

朝ごはんで食べたおかずを忘れるのは物忘れで、食べたこと自体を忘れるのが認知症です。

認知症になると、位置・形の認識ができなくなるので、空間認知機能に問題がでます。

影絵の手の動き、きつねやハトなどができなくなります。

認知機能は、記憶力・言語能力・視空間能力・推論・注意力の5つ。

認知症改善には運動と脳トレが効果的。

認知症検査

MCIスクリーニング検査で、認知症予備軍かわかります。

血液検査で、アルツハイマー病と予備軍がわかる検査です。

民間の病院でも2~3万で受けられます。

二重課題・デュアルタスクトレーニング

認知症予防セミナー

軽度認知障害の段階で治療を行えば、認知症の発祥を予防できます。

東京都済生会中央病院の、脳活セミナーが紹介されていました。

デュアルタスクトレーニング

2つの事を同時に行うながら動作の事。

脳と体を使う二重課題で、前頭葉を刺激、脳血流を上げ、認知症を予防します。

デュアルじゃんけん

注意力と実行能力を鍛えます。

1、左右の手で、片手をグー、片手をパー。

2、交互にグーとパーを変えて、1分続ける。

3、両手を使って、グーとチョキを交互に。

4、両手を使って、チョキとパーを交互に。

5、その場で足踏みをしながら、グーパー。次はグーチョキ。最後はチョキパー。

デュアルしりとり

記憶力と言語能力を鍛えます。

1、手拍子をしながら、前後ろとステップを踏む。

2、前に出た時にしりとりをする。

口腔ケア

認知症予防に口腔ケアが大事!

岐阜県土岐市の土岐内科クリニックが紹介されました。

認知症専門クリニックですが、口腔ケアに力を入れています。

噛めば噛むほど、血流が増加して脳が活性化して若返ります。認知症改善が期待できます。

また、認知症の原因物質・アミロイドβ(脳のゴミ)が、歯周病菌によって増えるという研究結果があります。

認知症を予防するには、歯周病を予防することも大事。

名医の本

松原英多先生の本

医学博士・内科医・日本東洋医学界専門医・良導絡学会専門医・エビス診療所院長。


人の名前が出てこなくなったときに読む本 健康長寿の医者が教える (ロング新書)[本/雑誌] / 松原英多/著

朝田隆先生の本

認知症治療のスペシャリスト。

メモリークリニックお茶の水理事長。


認知症かな? と思ったらすぐ読む本 (しっかりわかる新しい医療)


効く!「脳トレ」ブック (単行本) [ 朝田 隆 ]

長谷川 嘉哉先生

認知症専門医。

岐阜県土岐市の土岐内科クリニックを開業。


認知症専門医が教える! 脳の老化を止めたければ 歯を守りなさい!

よかったらこちらもどうぞ。

ジョブチューン薬味SP!認知症予防に海苔!海苔オクラ肉巻き&バター焼きレシピ

この差って何ですか?1日何歩?歩く事で認知症・骨粗しょう症・高血圧予防



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告