名医のTHE太鼓判、海苔で血管が若返り!葉酸がホモシステインを減らす

2019年1月28日放送。

血液の質をアップして、血管が若返るのは黒い食材・海苔。

海の緑黄色野菜とも言われるほど、栄養豊富。

特に葉酸がダントツに高い!

葉酸を多く含む海苔の、おすすめの食べ合わせをお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

海苔で血管若返り

葉酸

葉酸は緑の野菜の多く含まれる栄養素。

海苔は代表的なほうれん草より、多くの葉酸を含みます。

ホモシステイン

葉酸には動脈硬化などの血管系の病態を作る、ホモシステインを減らす効果があります。

ホモシステインは、血液中の油であるコレステロール・中性脂肪と並ぶ、第3の血管老化物質。

血管だけでなく、骨のコラーゲンも劣化。

血中にホモシステインが多いと、骨粗しょう症になりやすく、骨折のリスクが2~4倍になるというデータがあるそうです。

またホモシステインが多いと、脳の神経細胞を壊し、認知症のリスクが高まるという研究も…。

海苔料理

海苔+しじみ

血管若返りに最強の海苔料理は「海苔しじみ汁」。

しじみ汁に、海苔をちぎって入れるだけ。

しじみの鉄分とビタミンB12、海苔の葉酸がそろって、血液にとって最高の料理になるそうです。

ビタミンB12と葉酸は、ホモシステインを減少。鉄は貧血を予防します。

海苔+まぐろ

まぐろには、ビタミンB6が多く含まれます。

ビタミンB6にも、ホモシステインを抑える働きがあります。

葉酸と一緒にとると効果的。

ほうれん草+海苔

ほうれん草も、葉酸が多く含まれます。

葉酸は水溶性なので、茹でると水に流れてしまいます。

ほうれん草は生で食べる方がオススメ。生のほうれん草に海苔を入れたサラダで。

食べてみました

海苔はどこでも売っていて、気楽に食べられる食材。

色々な料理に合わせれば、毎日食べても飽きません。

今まで、便秘にイイとか、認知症にイイとか聞いていましたが、血管にもイイとはびっくり。

万能食材じゃないですか?

より健康に良い食べ合わせが紹介されたので、早速食べてみました。

ほうれん草×海苔

ほうれん草は、葉酸をとるなら生がいいということで、生食用を買いました。

海苔サラダでいただきました。和風サラダとして、海苔入りも有りですね。

まぐろ×海苔

まあ、マグロのお刺身と、海苔を一緒に食べるだけ。

手巻き寿司なんて、まさにこの組み合わせですよね。合わないわけがない。

海苔だけを食べるなら、「海苔のバター焼き」が我が家では人気。

海苔をバターを溶かしたフライパンで炒めて、塩を振るだけ。

以前ジョブチューンで見て以来、ウチの定番になった海苔おやつです。

コレ、美味しいですよ。

詳しくはこちらへ。ジョブチューン薬味SP!認知症予防に海苔!海苔オクラ肉巻き&バター焼きレシピ

よかったらこちらもどうぞ。

ヒルナンデスで紹介の便秘解消メソッド、海苔はなぜ便秘に効く?

マツコの知らない海苔の世界、海苔一族プリンス厳選8選&美味しい食べ方



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告