名医のTHE太鼓判 つかまりスクワットのやり方!ロコモ&垂れ尻改善

2018年11月12日放送。

50歳からの骨筋力アップSP

50歳以上の方、片足で靴下が履けますか?

転ばないカラダ、寝たきり予防に、つかまりスクワット。

スポンサーリンク
レクタングル大




ロコモティブシンドローム

日本人の推定患者数、約4700万人。

50代から始まると言われています。

骨系・関節系の障害から、立ったり座ったりが困難になります。

怖いのは、寝たきりになる事。

ロコモチェック

1、高さ40㎝ほどの椅子に座る

2、両腕を胸の前で交差する

3、左右どちらかの足をあげる

3、反動を付けずに立が上がり、3秒間保つ

ふらついたり立てない人は、ロコモ予備軍です。

つかまりスクワット

転ばない体が大切。

骨筋力(骨と筋肉を合わせた力)を鍛えましょう。

足は肩幅に開き、椅子の背もたれにつかまってスクワットします。

ゆっくりと1日15回、3セット。

ポイント

膝はつま先よりも出ないように注意する。

声を出しながら、ゆっくりお尻を落とす。

鍛えられる筋肉は7か所。

大腿四頭筋、ハムストリング、大臀筋、腹直筋、脊柱起立筋、前脛骨筋、下腿三頭筋。

つかまりスクワットの効果は?

ロコモ予防だけではく、サルコペニアや垂れ尻も改善されます。

サルコペニア

加齢などによっておこる、筋力や身体機能の低下

60代女性の約3割がサルコペニア。

筋肉量の減少→運動量の減少→食欲の低下→低栄養状態→筋肉量の減少・・・の悪循環になってしまいます。

垂れ尻

お腹・お尻に筋肉は骨盤を支え、体のバランスを保ちます。

垂れ尻が、転倒のリスクを高めます。

筋肉に脂肪が混じると、強度が落ち、おしりが重力に耐えられず垂れさがります。

まとめ

つかまりスクワットで、筋力アップ!

私はまだ片足で靴下を履けますが、これから履きにくくなっていくのかな?

スクワットは最近注目されていますね。

金スマでは、小林弘幸先生がスクワットを教えていました。金スマ、1日10回スクワット!小林弘幸が森昌子&長山藍子に伝授、結果は?

久野先生の教えてくれたスクワットは、椅子の背もたれにつかまって行うので、体力に自信がない人でも続けやすいと思います。

私もやってみましたが、安定してできるのでやりやすかったです。

久野譜也先生

太鼓判に登場した名医。スポーツ医学博士。

筋トレの本を多く出版されています。


100歳まで動ける体になる「筋リハ」 [ 久野譜也 ]


筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由

骨筋力アップSP・筋肉と一緒に骨も強く!

よかったらこちらもどうぞ。

名医のTHE太鼓判 はちみつで骨の老化を遅らせる!マヌカハニー&キルギスハニー&そば



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする