名医の太鼓判 冷凍たまごの作り方!コリン豊富で激ウマ!記憶力アップに

2019年4月29日「名医のTHE太鼓判」

医師がうなった「令和」食の新常識。

驚くほど健康効果が上がる家庭料理ベスト10!

5位は、コリンたっぷり卵かけご飯。

テレビで紹介された、気になる食べ方・レシピをお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

たまごかけご飯で記憶力アップ

コリン

卵で脳が活性化。認知用予防、記憶力アップ。

卵黄に含まれるコリンには、記憶力・学習能力アップの効果が期待できます。

神経回路を向上させ、認知症の改善にも効果があります。

コリンの弱点は熱に弱いこと。生卵が効果的。

たかはしたまご

コリンがたっぷり、日本一美味しい卵として、埼玉の卵が紹介されました。

新鮮な生卵は埼玉県日高市の「たかはしたまご」

濃い黄身は、抗酸化力・ビタミンE・βカロテンが豊富。箸でもつかめます。

美味しさの秘密はエサ。魚粉・大豆・ウコン・牡蠣の殻など30種を独自に配合しています。

1パック10個 1600円

高級品ですね。

激ウマ!冷凍卵

高い卵でなくても、コリンが豊富で激うまのたまごが紹介されました。

それが冷凍たまごです。

生卵でもゆで卵でもない、第3の卵と紹介されました。

作り方は簡単。

1、保存袋に生卵を殻のまま入れ、空気を抜いて密閉。

2、冷凍庫で一晩ほど凍らせる。

3、完全に凍ると白身が膨張し、殻にひびが入る。

4、流水に当てながら殻をむく。

5、常温で1時間半置いて解凍する。

解凍しても黄身は丸いまま、旨味が凝縮した結果です。

冷凍すると黄身の水分が抜け、タンパク質同士が結合し、旨味が凝縮します。

熱していないので、生卵とコリンの量は変わらず、旨味は増します。

水分の抜けているので、黄身のおにぎりにぴったりです。

卵を冷凍させるなんでびっくりしました。

私も試してみたいと思います。

健康家庭料理のランキングはこちらへ。

2019年4月29日。 医師がうなった「令和」食の新常識。 驚くほど健康効果が上がる家庭料理ベスト10! 普通の家...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告