名医のTHE太鼓判 キウイ漬けとんかつで肝臓若返り!サクサクになる揚げ方も

2019年4月29日「名医のTHE太鼓判」

とんかつ+キウイの健康パワー!

医師がうなった「令和」食の新常識。

驚くほど健康効果が上がる家庭料理ベスト10が発表されました。

こちらでは、8位の肝臓が若返る「キウイ漬けとんかつ」のレシピをお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

キウイ漬けとんかつ

豚肉+キウイ

豚肉にはタンパク質を形成するアミノ酸が豊富。

豚にしかないポークペプチドが、肝機能を若返らせます。

ポークペプチドを引き出す果物がキウイフルーツ。

豚肉にすりおろしたキウイともみこんで、2~3時間漬け込みます。

キウイにしか含まれないアクチニジンという酵素が、豚肉のタンパク質をほぐします。

肉が柔らかくなり、ポークペプチドが増えます。

摂取目安は 1日 豚ロース1枚(120g)

とんかつの衣で包むことで、栄養素の流出の防げます。

オススメソース

肝機能に働きかけるソースは、大根おろし+ポン酢+すりおろしキウイ

サクサクとんかつの揚げ方

高温の油で揚げると豚肉が固くなります。

常温の油にとんかつを入れて、弱火でスタート。

60度あればちゃんと揚がると言います。

豚肉の体温が約40度、タンパク質が固まるのが60度~。

タンパク質が高まる温度をゆっくり上げることで、肉が柔らかく仕上がります。

弱火のまま、60度前後で7分、裏返して2分。

一度とんかつを取り出し、200度まで油の温度を上げ、2度揚げします。

200度で両面、30秒~1分。

油切れのため高温で揚げます。一度火が通った肉は縮みにくいので、高温で揚げても大丈夫です。

よかったらこちらもどうぞ。

健康家庭料理のランキングはこちらへ。

2019年4月29日。 医師がうなった「令和」食の新常識。 驚くほど健康効果が上がる家庭料理ベスト10! 普通の家...

キウイの健康パワーについてはこちらへ。

2019年2月19日。 ビタミンやたんぱく質、カルシウムなど栄養素が豊富なキウイ。 食べ合わせで栄養効果がアップ⁉ ・キウ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告