名医のTHE太鼓判、便秘解消!納豆+オリーブオイル&水溶性食物繊維

2018年5月28日放送。

腸寿フローラを手に入れろSP

長生きできる腸=腸寿フローラ

腸内環境を整えることが、長生きの秘訣!

スポンサーリンク
レクタングル大

便秘中に気を付けたい食事は?

肉のとりすぎ注意

元フィギュアスケーター渡部絵美さん。

お腹をハンマーで叩いて柔らかくしたり、岩盤浴をしたり、健康に気をつけている様子。

便秘中は、ともかくたくさん食べて、出すという考え。

食べれば出るというのは、お医者様的にはダメみたい。

特にお肉は要注意。

腸内の悪玉菌を増やす原因は肉の摂取。

便秘体質の人は、肉・豚の摂取量に注意。

大腸がんの予防には赤身肉を週500g以内で!

生姜焼き、ハンバーグ、サーロインステーキ、とんかつ、4品でほぼ500gです。

水溶性食物繊維を食べよう

食物繊維には、水に溶けやすい水溶性と、溶けにくい不溶性があります。

不溶性は腸内をきれいに掃除します。

水溶性は、便を柔らかくします。

便が硬い人は、水溶性食物繊維をとりましょう。

キャベツ、レタスには不溶性食物繊維が多いので逆効果。

水溶性と不溶性のバランスは1:2がいい。

レタスよりもサニーレタスが理想的。

100g中の食物繊維は、レタス1.1g、サニーレタス2.0g

サニーレタスの食物繊維は、不溶性1.4g、水溶性0.6g

他にはアボカド、オクラ、ゴボウなどが水溶性食物繊維が豊富。

納豆+オリーブオイル

納豆にオリーブオイルを1さじプラス。

納豆は腸内環境のいい食材。

オリーブオイルは腸を刺激して排便を促し、便秘解消の効果が期待できます。

まとめ

便秘にはやっぱり食物繊維!

オススメは、サニーレタス以外に、ゴボウ、アボカド、オクラと言われていましたね。

食品成分データベースで、食物繊維量を調べてみました。

オクラ  不溶性3.6g 水溶性1.4g 食物繊維総量5.0g

アボカド 不溶性3.6g 水溶性1.7g 食物繊維総量5.3g

ゴボウ  不溶性3.4g 水溶性2.3g 食物繊維総量5.7g

なるほど、不溶性と水溶性、バランスがいいですね。

ゴボウはいかにも繊維っぽいですが、アボカドが食物繊維が多いとはびっくり。

食べてみました

納豆にオリーブオイルを入れて食べてみました。

1パックにスプーン1杯ほど。

食べるまでは、油っぽくならないか、オリーブ臭くないかとちょっと心配でしたが。

食べてみると、ほのかにオリーブオイルの香りがして、美味しかったです。

これなら続けられそうです。

同じ日の内容です。よかったらこちらもどうぞ。

名医のTHE太鼓判、ゴボウチョコレートに腸ストレッチ、腸内フローラが大事!



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告