名医のTHE太鼓判、中性脂肪・コレステロール改善にパクチー納豆&ニラサバ&生姜酢漬け

2018年5月21日放送。

血管を守る!中性脂肪・コレステロール改善SP

オススメは、パクチー納豆、ニラサバ、生姜の酢漬け。

スポンサーリンク
レクタングル大




コレステロールって何?

コレステロール=細胞膜やホルモンの材料。

中性脂肪=体のエネルギー源。

体に必要なものですが、基準値を超えると害を及ぼします。

コレステロールは、悪玉と善玉があります。

コレステロールは、肝臓で作られます。

悪玉コレステロール(LDL)は、生命維持に必要なコレステロールを全身に運びます。

善玉コレステロール(HDL)は、余ったコレステロールを回収して肝臓に戻します。

食生活に注意

悪玉コレステロールの原料は、中性脂肪です。

悪玉コレステロールを増やさないためには、血中の中性脂肪を増やさないこと。

糖分、アルコール、動物性脂肪、炭水化物のとりすぎに注意しましょう。

ハイヒールモモコさんは、炭水化物の食べ過ぎで悪玉コレステロールが増えています。

悪玉が増えると血管にコブ(プラーク)を作り、心筋梗塞などのリスクを高めます。

中性脂肪改善生活

ぐうたらな石井明美さんは、中性脂肪が基準値を大きく超えています。

改善生活に挑戦しました。

ポイントは3つ。

1、アルコールの量を減らす。

2、運動をする(1日30分のウォーキング)。

3、香り野菜を食べる。

パクチー・セロリ・ニラは、βカロテン、ビタミンE,ビタミンCが豊富。

血管をケアする抗酸化作用の働きがあり、悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。

また、食物繊維は、体内の余分なコレステロールの吸収を抑え、排せつを促す働きがあります。

中性脂肪改善レシピ

パクチー納豆

1、ざく切りにしたパクチーに刻んだミョウガ、ネギ、大葉を入れる。

2、タレを入れた納豆を入れ、ざっくり混ぜて完成。

パクチーのβカロテンと、納豆の大豆イソフラボン、ダブルの効果!

ニラサバ

材料は、豆苗、ニラ、サバの水煮、ニンニク、輪切りの唐辛子。

1、輪切り唐辛子、ニンニク、オリーブオイル、サバの水煮を入れ炒める。

2、醤油、ニラを加え炒め、熱々のまま豆苗にかけて完成。

香り野菜と油を合わせると、抗酸化ビタミンの吸収率がアップします。

サバには、中性脂肪を下げる効果があり、DHA・EPAが豊富。

動脈硬化を予防するニラのβカロテンと、サバの両方の効果が期待できます。

オイル&生姜の酢漬けがオススメ

中山秀征さんは、血管がパーフェクト

秘訣はオイルと酢漬け生姜にありました。

オイル

奥様は元タカラジェンヌ&オイルソムリエ 白城あやかさん。

納豆には、亜麻仁油を合わせます。

オメガ3が悪玉コレストロールを下げる効果があります。加熱はしないこと。

味噌汁にはカメリナを合わせます。

アブラナ科の植物のタネから抽出した油で、コレストロールと中性脂肪を下げます。

これは熱に強いので、加熱してもOK。

新生姜の酢漬け

また中山さんは、自家製生姜の酢漬けを毎日食べています。

新陳代謝を高め、脂肪を燃焼させます。コレストロール値改善に効果があります。

新生姜の酢漬けの作り方

材料は、新生姜400g、酢350g、食塩大さじ1、はちみつ大さじ1

新生姜厚めに切り容器に入れ、つけ汁を入れ、冷蔵庫で1日おけば食べ頃。

約1週間を目途に食べきってください。

耳たぶのしわ

湯原昌幸さんは、耳たぶにしわがあります。

動脈硬化がすすむと血流が悪くなり、耳たぶの毛細血管に血液が行かなくなります。

そのため、耳たぶにしわができます。

湯原さんの血管にはプラークができていました。

動脈硬化の新しい指標

Non-HDLコレステロール=総コレステロールー善玉コレステロール

90~149㎎/dⅬなら正常値。

湯原さんは危険な数値でした。投薬が必要とのこと。

まとめ

今日の太鼓判は、中性脂肪とコレストロールについてでした。

健康診断で、1番気になる血液検査の値でしょうか?

香り野菜や酢生姜が良いということなので、取り入れていきたいと思います。

中山さんに習って、オイルもこだわればパーフェクト?

オイルソムリエの奥様の本「かんたんオイル健康法」はこちらです。


1日大さじ1杯だけでカラダがよみがえる!かんたんオイル健康法 [ 白城 あやか ]

納豆に混ぜていたのは、亜麻仁油。


紅花食品 亜麻仁一番搾り(アマニ油) 170g【イチオシ】

味噌汁に入れていたのは、カメリナオイル。

カメリナオイル 270g

生姜の酢漬けを作るなら、新生姜をたっぷりと。


フレッシュ新しょうが2kg入和歌山県産 【送料無料】紀ノ川河口で栽培されている高品質の新生姜を新鮮 産地直送自家製 甘酢漬け、紅ショウガ、生姜湯、砂糖漬けに

香り野菜レシピを教えてくれた栄養士・浅野まみこさんの本はこちらです。


血糖値を下げる夜9時からの遅ごはん コンビニを味方に確実&楽チンレシピ![本/雑誌] / 石川みずえ/著 浅野まみこ/著


ズボラでも脱糖尿病 血糖値 上がらないのはどっち? (予約の取れないドクターシリーズ)

食べてみました

パクチー納豆

香り野菜を刻みます。右からミョウガ、大葉、ネギ、パクチー。

納豆はついているタレで混ぜて、

香り野菜と混ぜればOK。

パクチーって、すごく香りが強いですよね?

大丈夫かな?と正直心配だったのですが、思ったよりも食べられました。

でも、パクチーは少ししか入れていないのに、ネギ、ミョウガ、大葉の味が消えるくらいパクチー味になります。

ただ、納豆の味は、パクチーに負けてない気がしました。

パクチーが好きな方は、もっとたくさん入れてもいいと思います。

ニラサバ

オリーブオイルに、ニンニクと輪切りの鷹の爪を入れて、火にかけます。

サバ缶も入れて炒めます。

醤油とニラも入れて炒めたら、切った豆苗にかけて出来上がり。

これは、美味しいだろうと思って作って、予想通り美味しかったです。

サバ缶の汁は切って使ったのですが、入れてもよかったのかな。

簡単で、野菜もたくさん食べられるので、おすすめです。

新生姜の酢漬け

新生姜を買いに行ったのですが、見当たらず、酢漬けは市販品を買いました。

酸っぱくてピリッと辛くて、美味しいです。

私は元々お寿司屋さんのガリも好きなので、生姜の酢漬けは毎日食べても苦じゃないかも。

ただ、市販の酢漬けは添加物が入っていたり、砂糖が多かったり…。

手作りできるならした方が、健康によさそうですね。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする