名医のTHE太鼓判 女優の美と若さの秘訣!由美かおる・十朱幸代・音無美紀子・田島令子

シナモン

名医のTHE太鼓判で紹介された、女優さんの美と健康と若さの秘訣。

いくつになってもお若くて、お綺麗な方々ばかり。

食事や生活習慣、運動などをまとめました。

マネできそうなことも多いので、参考にしてください。

  • 由美かおるさん
  • 十朱幸代さん
  • 音無美紀子
  • 田島令子さん
スポンサーリンク
レクタングル大

由美かおるさんの美の秘訣

2017年12月11日 放送。

女優 由美かおるさん 67歳

「青春はこれから」「恋もしてますよ」と言っていました。

見た目だけでなく、心も若々しいですね。

毎朝1時間の呼吸法

30年毎日続けている呼吸法。

10秒以上かけてゆっくりと鼻から息を吸い、口からゆっくり吐き出す。

深い呼吸は体にいいのか?

  • 基礎代謝が上がってダイエット効果があり。
  • 血流が良くなって、頭痛、肩こり、冷えの改善。
  • 気持ちが落ち着く。
  • ストレス解消、リラックス効果あり。

朝食は和食中心

旬のものを品数多く食べます。朝からこれだけ食べられるとは理想的。

キャベツやほうれん草、切干大根など、噛み応えのある食材を多く取り入れています。噛むと唾液が出て、消化・吸収がスムーズになります。噛むことが大事!

まるで旅館の朝ごはん。脂質・糖質・タンパク質など栄養バランスも整っています。

日課はアコーディオン

65歳から始めた手習い事。

子どもの頃1年だけやっていたアコーディオンを始めました。

指は第2の脳。

指を動かすと脳が活性化。楽器を演奏する人は、アルツハイマー型認知症になるリスクが減るというデータもあります。

買い物は渋谷

若い人が多い、渋谷109でお買い物。

サイズがぴったりなんですって。びっくり。

店員さんやお客さんは若い人ばかり。若い人とのコミュニケーションも楽しみます。

最新のトレンドを得ながら、自分なりに組み合わせていきます。

日々を楽しむのが、若さの秘訣!

鍵盤

十朱幸代さんの美の秘訣

2018年4月23日放送。

女優・十朱幸代さん、75歳

腸快調ヨーグルト

十朱さんは一日2食。

朝昼兼用は、フルーツ、茹で卵、黒糖で煮た生姜、ヨーグルトなど。

決まって食べるヨーグルトには、色々入っています。

ヨーグルト+きな粉+干しブドウ+バナナ+シナモン

若い時は便秘で苦しみました。このヨーグルトで解消。毎朝食べて腸の働きが良くなりました。

腹筋&背筋

腹筋 10回×8セット

背筋 20回

1時間の運動を、週に4回。ジムに通って、みっちりこなします。

皮付きのピーナッツ

ティータイムには、皮付きピーナッツを食べます。

外側にある薄皮は、ポリフェノールが豊富。血圧を下げる効果が期待されます。

食事は温かいうちに食べる

夕食はまず、サラダを食べます。

・オリーブオイルたっぷりのジャコ入りサラダ

・豆腐のおひたし

・まぐろ・いか・納豆・めかぶ・生卵の合わせたもの

サラダを食べ終わってから、、温かいものを作って食べます。

作って食べて、作って食べて。食事時間は40分間。

脳の満腹中枢が刺激を感じるのに、約20分かかります。

十朱さんの食事法は、食べ過ぎ防止、血糖値の急上昇を防ぎます。

食事はご自分で作ります。腸を意識した食事内容です。

口内環境は20代

口腔内環境は20代。口臭もほとんど出ていません。

太るのを予防するためにも、食べたらすぐ歯を磨きます。

シナモン

音無美紀子さんの長生きの秘訣

2018年5月28日放送。

腸内環境を整えることが、長生きの秘訣!

音無美紀子さんは、かつて便秘でしたが、今は生活改善して克服しました。

干し野菜とオリーブオイル

朝食はスープとサラダが中心。

切干大根のポタージュスープ

白菜、ブロッコリー、玉ねぎ、切干大根を茹で、ミキサーでポタージュを作ります。

干すと栄養価が高くなるので、干し野菜にこだわっています。

アボカドと鶏肉のサラダ

オリーブオイルとワインビネガーのドレッシング

オリーブオイルでチキンを焼き、ドレッシングにもオリーブオイルも使います。

意識してオリーブオイルをとるようにしています。

夕食は、野菜と発酵食品を中心に。

きんぴらぼごう、豆腐とアボカドのサラダ、レンコンのクリームチーズソテーなど。

健康を意識した食生活です。

フラフープ

毎朝5分、フラフープで腸を刺激。

フラフープは体幹インナーマッスルが鍛えられ、結果的に便秘解消になります。

普段使わない筋肉を鍛えれば、さがり腸も予防できます。

合唱

大きな声で歌う歌声喫茶も。

歌うと腹筋背筋も使い、頭も使い、いい運動になると言います。

大声で歌ってストレス解消。

ウォーキング

夜はウォーキング。約1時間。

鼻から息を吸って、呼吸を意識して歩きます。

柔軟体操

ストレッチで姿勢を正します。

姿勢を正すことで、体幹が鍛えられます。

若々しい秘密は、姿勢にありました。

フラフープ

田島令子さんの美と健康の秘訣

2018年6月4日放送。

女優・田島令子さん、69歳

水泳

水泳は週2回通います。心肺機能が鍛えられます。

クロール、平泳ぎ、バタフライなど。水泳歴は20年以上。

心肺機能を高め、持久力が向上、疲れにくい体を作ると言われています。

アクアビクスは水圧がかかるため、脂肪燃焼効果が高いです。

内臓脂肪が少ないのは、週2回の有酸素運動の効果かも。

書道

週1回、書道に通います。書道歴30年以上。

書道は認知機能の改善、ストレス軽減、瞑想と同様の効果が期待できます。

また、心拍数が減少、心臓を労わる効果も。

ぶらぶら体操

仰向けで寝て、手足を上に上げ、ブラブラさせます。

腰痛予防のストレッチで、仰向けで寝てひざを抱えます。

はちみつを塗る

肌にはちみつを直に塗っています。

刷り込むように塗ります。

はちみつは、抗酸化作用(老化防止)美肌効果が期待できます。

昔薬がない時代は、傷を治していたとも伝えられます。

ただし、アレルギー体質の方は注意。

夕食に2時間かける

食事は、忙しい時も自分で作ります。

ある日の夕食は、シーフードカレー、サラダ、キュウリのぬか漬け、マグロの刺身にビール。

食後には果物も。

好きなものを、好きなだけ食べます。

ゆっくり時間をかけて食べます。完食まで約2時間。

はちみつ

まとめ

みなさん、食事や運動など、気を付けて生活されていましたね。

十朱幸代さんの回を見てから、ヨーグルトにシナモンをかけて食べています。

ヨーグルトにシナモンをかけるだけなので、簡単ですよね。

森田豊先生が、「シナモンは毛細血管の老化を予防する効果が期待される」と言っていましたね。

指先の毛細血管が老化すると、血流が悪くなって、最終的にはなくなり、ゴースト血管になってしまうとか。

ゴースト血管は、認知症や骨粗しょう症にも関係します。

調べてみたら、シナモンは、別名「スパイスの王様」。

お菓子の香りづけのイメージが強いですが、実は栄養豊富。漢方や生薬としても用いられます。

毛細血管の血流が良くなるので、お肌や髪の毛の老化防止も期待できます。

下の写真は、干しブドウなどの代わりにプルーンを入れたバージョン。

ヨーグルト+プルーン+きな粉+シナモン

シナモンを入れると洋菓子風になる気がします。美味しかったです。

シナモンって、アップルパイとか、シナモンロールのイメージしかなくて、買っても余ることが多かったです。これからはドンドン使っていこうと思います。

そして、おやつには、薄皮付きピーナッツ。

せっかく高血圧にいいというので、塩気のない無塩タイプを買いました。

正直、薄皮を向いた方が美味しいですが、これからは薄皮つきを選びます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告