名医のTHE太鼓判、うっ血で肩こり、スマホ首対策はコレ

2018年7月16日放送。

肩こりの原因に一つが、うっ血。

同じ姿勢やストレスで肩の筋肉が硬くなり、血管が圧迫させて血流障害になり、疲労物質が貯まります。

僧帽筋がこると、どんどんコリがたまり、頭痛や腰痛を引き起こすことも。

スポンサーリンク
レクタングル大

うっ血習慣

前傾姿勢

本を読んだりして、前かがみになる方が要注意。

対処法

一人であっちむいてホイ

1、人差し指を顔から話して立てる。鼻の前あたり、できるだけ遠くに。

2、指を右に、顔を左にして指先を見つめる。

3、指を左に、顔を右にして指先を見つめる。

4、指を上に、顔を下にして指先を見つめる

5、指を下に、顔を上にして指先を見つめる。

上下左右10回ずつ行います。

一点を見つめていると、眼球が固定し、眼球の筋肉がこわばります。

つながっている首も緊張して、うっ血が起こります。

眼球を上下左右に動かすと、首の緊張をとりうっ血を防ぎます。

片側重心

片側だけに重心をかける姿勢が、うっ血を招きます。

ひじ枕はダメ!

対処法

ハンモック姿勢がオススメ。

両手を頭の後ろで組むポーズ。肩に力が入らず、肩甲骨も上がります。

スマホ首

現代型肩こり。別名ストレートネック。

首を前に出した状態を続けると、緩やかなカーブを描く首が真っ直ぐになってしまう状態。

首周りの筋肉や神経に負担をかけます。

スマホの画面を見る時に下を向くと、首に負担がかかるのです。

対処法

立ってスマホを見る時は、スマホを持っている方の肘を体につけて、逆の手で支える。

これだけで負担が減ります。

肩こりと便秘?

肩こりの人は便秘になりやすい。

便秘の人は腸内環境が悪くなり、老廃物や毒素が血液を流れて全身をまぐります。

これがうっ血を招き、肩こりの原因に。

まとめ

スマホの持ち方を変えるだけで、スマホ首が予防できるならいいですね。

私はひじ枕はしませんが、本を読んだり、パソコンを見たり、ついつい前傾姿勢になっています。

一人であっちむいていホイは、取り入れたいと思います。

今日の太鼓判の、肩こり改善のポイントは3つ。

・肩甲骨

・うっ血

・モヤモヤ血管

よかったらこちらもどうぞ。

名医のTHE太鼓判、肩甲骨はがしで肩こり解消!窓ふき&肩回し体操

名医のTHE太鼓判、モヤモヤ血管の肩こり&肩の痛みは押圧で改善!

スマホ首の本

ストレートネック・スマホ首で悩む人が多い現代。

本も多数出版されています。


あなたの首の痛み・肩こりはストレートネックが原因です! [ 酒井慎太郎 ]


スマホ首病が日本を滅ぼす – 首を治せば生まれ変われる – (ワニブックスPLUS新書)


“スマホ首”があらゆる不調を引き起こす! 30秒ストレッチで簡単改善 (講談社の実用BOOK)



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告