たけしの家庭の医学 隠れ悪玉レムナントコレステロールを下げる改善法

2019年5月14日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」

女性の悪玉コレステロールは、50代から要注意。

40代をすぎると急上昇し、血管をボロボロにしてるかも⁉

心筋梗塞の新原因・隠れ悪玉コレステロールって、ご存知ですか?

スポンサーリンク
レクタングル大

肉の脂肪は要注意

同じ分量を食べた時に、コレステロールを上げやすいのは卵より肉。

血液中のコレステロールの割合は、3割が食べ物から、7割は肝臓で作られます。

肝臓で作られるコレステロールの材料は、肉の脂肪分。

健康な人は卵などコレステロールの多い食材を食べても、血液中のコレステロールはあまり上がらないと考えられています。

肉の脂身は、揚げ物よりもコレステロールを上げます。

植物性脂肪(サラダ油など)よりも、動物性脂肪(肉の脂肪など)は、体内でコレステロールに変化しやすいそうです。

レムナントコレステロール

隠れ悪玉コレステロール

普通の健康診断では調べることができません。特殊な血液検査が必要です。

健康診断で問題ないと思っても、実は隠れ悪玉が体を蝕んでいるのかも?

小腸で吸収された脂肪が、肝臓でコレステロールと中性脂肪に変化。

コレステロールは細胞の材料に、中性脂肪はエネルギーとして使われます。

必要以上の増え続けると、コレステロールと中性脂肪はくっついたまま、血液中に漂い続けます。

この血液中に漂い続けるのが、レムナントコレステロールです。

レムナントコレステロールを増やすのは?

  • 20歳のころよりも10キロ以上太った
  • 食後に甘い物を摂取

中性脂肪は糖分で増えやすく、中性脂肪が増えるとレムナントが増えやすいのです。

糖分の摂りすぎは要注意!食後のデザート・別腹は問題です…。

甘い物だけでなく、炭水化物にも糖分は含まれます。

レムナントコレステロールを減らす方法

LPLという物質が、レムナントコレステロールを減らします。

誰でも持っている脂肪を分解する酵素。

LPLを増やすのは、筋肉をつけるのではなく、筋肉を使うようにすること。

LPLは主に筋肉で作られます。

1日1回、1階分以上階段の上り下りを増やすと、少なくなった筋肉でもLPLを活性化できるそうです。

1階分の目安は上り下りで30段。

横手幸太郎先生の本

教えてくれた千葉大学医学部付属病院、脂質異常症専門医。

30年にわたり患者を診察・治療。

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」を作成。

横手先生の本はこちらです。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年5月14日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」 5月に食べたい医食旬材はイワシ。 旬の時期にイワシに含まれるEPAが...
2018年9月26日放送。 血管の若返りの新常識が紹介されました。 ・実は味噌汁が高血圧にいい? ・第3のコレステ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告