たけしの家庭の医学 イワシは5月の医食旬材!漬け丼&ホイル焼きレシピ

2019年5月14日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」

5月に食べたい医食旬材はイワシ

旬の時期にイワシに含まれるEPAが、少ない時期に比べて7倍。DHAも1.5倍。

EHAとEPAは、血糖値低下・血圧低下→脳卒中・心臓発作・血管の病のリスクを低減させることが期待できます。

血管に溜まったコレステロールの塊・プラークを除去し、柔らかくしなやかな血管に。

こんな方にオススメです。

  • 血圧が高め
  • 血糖値が気になる
  • 血管の老化が気になる
スポンサーリンク
レクタングル大

おすすめイワシ料理法

イワシの漬け丼

EHAとEPAをしっかりとるのは、脂を逃がさずとることが大事。

焼くと油が落ちるので、刺身がオススメ。

特に5月のイワシは弾力があり、脂のノリもよいです。

漬けダレ(醤油100㏄、みりん10㏄、生姜少々、ニンニク少々)につけてご飯に乗せる「イワシの漬け丼」は漁師料理の定番。

イワシの薬味はニンニク・ショウガなど、抗酸化作用の強いものを使うと、血液がよりサラサラに。

イワシのホイル焼き

材料

  • イワシ2尾
  • にんじん10g
  • 小松菜 10g
  • たまねぎ 30g
  • しめじ 20g
  • 塩コショウ少々
  • バター10g

作り方

  1. ホイルの上に切った野菜を乗せ、その上に開いたイワシを乗せる。
  2. ホイルで包んで、フライパンで蒸し焼き。
  3. 最後に出来上がったイワシにレモンを搾るのがオススメ。

自宅で簡単。栄養を摂れるのがホイル焼き。

ホイル焼きにすると、普通に焼くと逃げてしまう脂を封じ込めることができます。

野菜やキノコに、EHAとEPAがしみ込み、逃さず摂れます。

5月のイワシはカルシウムも豊富。

クエン酸の多いレモンを搾ると、カルシウムの吸収率がアップします。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年5月14日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」 女性の悪玉コレステロールは、50代から要注意。 40代をすぎると急上...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告