たけしの家庭の医学、心臓老化タンパク質って?減らすにはコレをするだけ

2018年4月3日放送。名医とつながる、たけしの家庭の医学

心臓の老化を止める!

熊本大学 尾池雄一先生に教わりました。

スポンサーリンク
レクタングル大




心臓老化物質

アンジオポエチンL2

過剰に分泌されると心臓の筋肉に悪影響、ポンプ機能が低下します。これが心臓の老化。

心臓が老化すると、心不全などの突然死を招きます。

心臓老化物質の正体は、タンパク質の一種。アンジオポエチンL2

通常は心臓の細胞から分泌され、細胞の状態を維持するのが役割。

増えすぎると心臓の筋肉に障害を与え、心機能を低下させます。

アンジオポエチンL2は、全身の細胞からも分泌されているので、血管で増えれば動脈硬化、皮膚で増えると皴が増えます。

タンパク質って?

食事で摂ったタンパク質は体内で分解され、別のタンパク質に作り変えられます。

人の胎内にあるタンパク質の種類は、なんと約10万種類。

代表的なものは、この3つ。

ヘモグロビン…血液中を移動して、全身に酸素を運ぶたんぱく質。

インスリン……血糖のコントロールをしているホルモンで、タンパク質の一種。

コラーゲン……皮膚や骨や血管などを構成するタンパク質。

心臓老化タンパク質が増える原因

原因は脂肪

原因の1つは加齢。

それ以外に、増える人と、増えない人の違いはなんでしょう?

違いは、心臓にまとわりつく脂肪。

脂肪細胞からも、多くの心臓老化タンパク質が分泌されるのがわかりました。

心臓に脂肪をためる生活習慣は、長時間座ること。

座る時間が長いと、心臓周囲脂肪が蓄積しやすいのです。

改善方法

脂肪を減らすには、1時間に一回は立ち上がり、伸びをする!

筋肉を伸ばすと、アンジオポエチンL2の産生を抑えれます。

よかったらこちらもどうぞ。

たけしの家庭の医学、つまずきの原因は内耳にあった!チェック法&鍛え方



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 前田暁宏 より:

    先週あたりで、放送された、心臓を強くするために特定のお寺での断食に特定の野菜ジュースを2日間程続けることで、心臓の働きを著しく向上させる栄養素を紹介していましたがその物質の名前をメモするのを忘れて、思い出せません。・・・・ジンとかいっていたようにおもいます。
    物質の名前は何でしたかお知らせください。

    • ふう より:

      前田暁宏様
      訪問ありがとうございます。
      先週というと5月15日放送のたけしの家庭の医学かと思いますが、その回は残念ながら私は見ておりません。
      番組サイトを見ますと、断食でケトン体が増えるという話だったようです。