落雷注意! 落雷の種類と、子どもに教える避難方法

土曜日、近所の夏祭りがありました。

雷の予報の出ていたのですが、日中はお天気。予定通りお祭りは開催。

子どもは浴衣を着て、出かけていきました。

早めに帰るよう言ったものの、雷が鳴り始め、雨もポツポツと降り始め、あっという間にバケツをひっくり返したような雨と激しい雷が。

本当に急に天気が変わります。子どもはびしょ濡れで帰ってきました。雷があちこちに落ちたので、すっかり雷が怖くなってしまったようです。

これだけ雷が多発すると、子どもにきちんと注意事項を話しておいた方がいいですね。みなさんのお宅では、なにか話してありますか?

スポンサーリンク
レクタングル大




落雷の種類

まず、雷が落ちる落ち方って、どんな種類があるのでしょう?大きく分けて、2種類あります。

直撃雷

建物、人、木などに直接雷が落ちることです。被害が大きく、人に直撃すると死亡することが多いです。

直撃雷の中で、物に落ちた雷が、まわりの物に再放電する雷を側撃雷と言います。大きな木の下で雨宿りしていて、被害にあうのがこのケースです。

誘導雷

雷が落ちるとその周りには強い電磁界ができ、高い電圧が発生します。これが誘導雷です。

アンテナや電話線を通って、建物の中に入ると侵入雷とも言います。家に雷が落ちていないのに、落雷で電化製品が壊れるのは、この侵入雷が原因です。

外出中に雷が鳴ったら

雷が鳴り始めたら、すぐ避難

雷の音と光が同時でなければ、遠くに落ちると聞いたことはありませんか?光から遅れて音が聞こえたら、とりあえず大丈夫と。これは、光速と音速の違いによるものです。光の方が音よりも早く届きます。音は距離によって、遅れて届きます。だから、音が遅れたら大丈夫というのは、正解と言えば、正解です。

しかし、その時鳴った雷は確かに遠くかもしれませんが、雷雲は大きく、何キロにも及びます。自分の上の雲が雷雲だったら、いつ雷が落ちてもおかしくありません。安心はできませんね。

雷の音が聞こえたら、すぐに非難しましょう。鉄筋コンクリートの建物に逃げ込めれば1番いいです。車の中に逃げたら、なるべく内側の身を寄せ、金属の部分を触らないようにします。

木の下の雨宿りはダメ

雷が落ちやすいものとは、背の高いものです。ひらけた場所に高い木が1本あったら、その木に落ちる可能性が高いのです。木の下の雨宿りはやめましょう。建物の軒下も、電流が走りやすいため危険です。雨宿りするなら、建物の中に入ります。

雷は金属に落ちる?

私が子どもの頃は、雷は金属に落ちると思っていました。金属の時計やネックレスは危ないと、聞いたことはありませんか?

しかし、雷は金属を狙って落ちるわけではありません。雷は落ちやすいところに落ちます。金属もプラスチックも関係ないです。ゴムも安全とは言えません。ただ、電流は金属を通ります。そのため昔は、雷が金属に落ちると勘違いしていたようです。

傘はささない

雷雨では、傘をさしたら危険です。傘が金属だから雷が落ちるわけではありません。傘をさした分、背が高くなるので、雷が落ちやすくなるのです。そして、雷が落ちた場合、傘の金属部分に電流が走るので危険です。雷雨でも、傘はささずに濡れて帰りましょう。

逃げる場所がない時は、低い姿勢をとる

かかとを上げてしゃがみ込み、上半身を低くします。鼓膜を守るため、耳はふさぎます。地面に接している体の部分は少なくした方がいいので、寝たりしないでください。

お出かけ前には天気予報を見よう

色々な対策がありますが、子どもはパニックになって対応が難しいと思います。天気予報をこまめにチェックして、雷予報がある時は、不要な外出は控えましょう。

どうしても外出しなくてはいけない時は、どこに逃げる場所があるか、出発前に決めておくと安心です。

室内の過ごし方

壁、家電、水から離れる

夏休みなど、親の仕事中、子どもだけで家で留守番することもあると思います。

マンションなど、鉄筋コンクリートの室内は比較的安全だと言われています。特に高層マンションなどは、避雷針という雷を地面に逃がすものが設置されています。

しかし、一戸建てなど木造建築の場合、水道管から電流が伝わるケースもあります。侵入雷ですね。家の中とは言え、安心できません。できれば、壁、家電、水から離れましょう。

夜は懐中電灯を用意

近くに落雷があると、停電することがあります。夜、雷が鳴りだしたら、懐中電灯を用意しましょう。

懐中電灯はしまい込まず、子どもでもすぐに手に取れる場所に置くといいですね。我が家は冷蔵庫に付けているほか、子ども部屋にも小さい懐中電灯を置いてあります。

まとめ

我が家では子どもには、こう話しました。

・雷が鳴ったらすぐ帰る

・傘はささない

・木の下で雨宿りはしない

・動けなくなったら、しゃがむ

・大人がそばにいれば、大人に従う

しゃがむポーズも練習しました。

都心の場合、高い建物や電柱が多く、直撃雷の心配は少ないですが、ひらけている場所は心配です。また、誘導雷の危険はどこでもあります。あまり怖がり過ぎるものいけませんが、用心するに越したことはありません。子どもに日ごろから、雷が鳴りだしたらどうするか、話しておきましょう。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする