ソレダメ!血管を健康に!朝の習慣と日に当てた玉ねぎで脳卒中・心筋梗塞予防

2018年2月7日の、「ソレダメ!~アナタの常識は非常識~」

寒波に負けない健康法!

寒い今、脳卒中や心筋梗塞の危険が高まります。

室内と室外の温度差で血圧が変動するため。原因の一つは血管の老化です。

スポンサーリンク
レクタングル大




脳卒中や心筋梗塞の予防

朝の歯磨きが大事

朝の起きると、口の中には歯周病菌がいます。

歯周病菌が血管の中に入り込むと、脳卒中や心筋梗塞の原因になると考えられています。

歯周病菌が血管の中に入ると、内壁に付着してプラーク(塊)を作り、血管が詰まりやすくなります。

歯周病の人は、他の人よりも脳卒中にリスクが2.8倍ですって。

玉ねぎと冷ご飯を食べよう

玉ねぎは日に当てて

血管を元気にする食べ物は玉ねぎと冷ご飯。

ケルセチンは血流を改善しますが、玉ねぎの皮にたくさん含まれます。

日に当てると、皮以外のケルセチンが増えます。

1週間で4倍に! 生のサラダがオススメ!

ご飯は冷やして

冷たいご飯は難消化性でんぷんが含まれます。

消化しにくいので、血糖値の上昇を抑えます。

朝のゴミ出しはイヤイヤ歩き

暖かい室内から寒い室外に急に出ると、血管が収縮し血圧が上がります。

イヤイヤしながら歩くと、血管が広がって血圧が上がりにくくなります。

ゲートボールは心筋梗塞の可能性が

ゲートボールは5人以上の団体競技です。

チームプレーで責任がかかり、プレッシャーが血圧をあげてしまいます。

マイペースに肩の力を抜いて楽しみましょう。

まとめ

朝の歯磨きと血管に関係があるとは思いませんでした。

朝の歯磨きは、食後の歯磨きとは違う役割があるのですね。

冷ご飯が太りにくいのは聞いたことがありました。

お弁当やおにぎりがいいってことですよね。でも夕飯はアツアツのご飯が食べたいなあ。

玉ねぎは日に当ててみようと思います。

池谷敏郎先生の本

教えてくれた池谷先生。血管についても著書多数。


楽天市場で探す
Amazonで探す



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする