ソレダメ、カツオのたたきをフライパンで!自宅で簡単レシピ

2018年9月26日放送。

~健康のために食べたい秋の味覚スペシャル!~

新鮮な戻りカツオのソレマル調理法

スポンサーリンク
レクタングル大




かつお

カツオの栄養

秋は戻りガツオの季節。

かつおは魚の中でタンパク質量が多い魚。

戻りガツオは初ガツオより、脂質は10倍以上。油がのっています。

疲労回復のビタミンB1、動脈硬化予防のDHA・EPAも多い。

漁師の食べ方

漁師さんは、マヨネーズ+醤油で食べます。

マヨネーズのレシチンという成分が、DHAなどの栄養の吸収を良くします。

新鮮なカツオの見極め方

スライスは酸化が早いので、柵で買う。

皮をむいた柵の表面の皮前(肉と皮の間)がピンクなら鮮度がいい。

鮮度が悪いと緑になります。

皮前が下になっているものも、鮮度が悪い可能性が…。

スーパーの照明は発色をよく見せるので、光から離れたところで見ること。

フライパンで作るかつおのたたき

1、かつおは皮付きを用意

2、皮目に酒をかけ、塩をまぶす

3、焦げ目をつけるため、油をひかず、皮目から焼く。

4、すべての面に焼きをつける。

5、15分冷凍庫に入れて、パリッと感を出す。

切り分けると、中はきれいなピンク。

パリっとした皮の食感が楽しめます。

薬味には玉ねぎを忘れずに。

柵で買って食べきれないカツオは、漬けにしましょう。

すき焼きのタレにつけても美味しいそうですよ。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする