沸騰ワード10、崖っぷちの客が来るクリーニング「ナチュラルクリーン」

2018年8月24日放送。

新企画 崖っぷちの客大調査!

クリーイングの駆け込み寺「ナチュラルクリーン」

他店で断られまくった、崖っぷちの衣装が持ち込まれます。

スポンサーリンク
レクタングル大

崖っぷちの客

カシミヤコート

信用金庫支店長からの持ち込み。

カシミヤ100%のオーダー品、グレーのコート。18万円。

支店長になった時、自分へのご褒美で買った勝負服。

部下に赤ワインをかけられてしまってから、半年もたって持ち込まれました。

首回り・両脇・袖口の汗と皮脂汚れもあり。

本来水に浸けると縮むカシミアですが、薬品につけて汚れを取り除きます。

乾燥させたら、5万円もする高級ブラシで仕上げます。

(基本料金13250円+全体漂白10000円=23200円)

ブランドスーツ

1年前に買った30万円のラルフローレンのスーツ。メイドインイタリー。

スーツはよれよれ、大きなシミは餃子の王将のタレ。血のシミまであります。

今週末に着る予定があると、駆け込んできました。

薬剤を塗り、水圧で浮いたシミをかきだします。

血のシミは漂白剤を付けた綿棒で叩きます。

脇の擦れも、毛玉とりとプレスでキレイになりました。

(基本料金11000円+染み抜き8000円=19000円)

10万円のクロエのバック

外皮がめくれ、内側がボールペンで汚れた皮のバッグ。

ご主人からのプレゼントなのに、毎日通勤で使ったいたので、角が剥げてしまいました。

そして、中はボールペンのしみが…。

皮は生地と違って汚れが通り抜けないので、やすりでインクのみを削り落とします。

3時間もかかって、全部削り落としました。

驚いたのは、そのあと、バッグなのに水洗いしてしまうこと。

クラスタルウォーターという、粒子が細かい水で、繊維を傷つけずに汚れをかきだします。

外側の皮は、元の色とまったく同じ色を再現して、塗ってきれいにしました。

(基本料金17600円+染み抜き10000円+染色補正8000円=35600円)

ナチュラルクリーン

クリーニングの達人・松村誠さんがいる、千葉のクリーニング店。

松村さんは、京都大学薬学部出身の超エリート。

汚れを分子記号でとらえて、約100種類の薬品から適切なものを選んで組み合わせ、クリーニングしていました。

結構大胆に洗っていて、びっくり。

気になる料金ですが、番組中では特に出てきませんでした。

こちらで表示した金額は、ナチュラルクリーンさんのこちらのページで確認したものです。

千葉県まで持ち込めない方は、全国宅配サービスもあるようですよ。

詳しくは公式サイトでご確認下さい。

ナチュラルクリーン

店舗 〒299-1173  千葉県君津市外箕輪2丁目10−1

電話 0439-57-2611

サイト http://www.naturalclean.co.jp/



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告