沸騰ワード10、空港愛のブルゾンちえみ、ビジネスクラスで香港へ!

2018年4月6日放送。

空港ロビーに取り憑かれた芸能人、ブルゾンちえみさん、27歳。

飛行機に乗れる日は、何時間も前に空港について、ゆっくり時間を過ごします。

国際線で出会うドラマを勝手に妄想して過ごします。

カフェに入っても、人通りを見下ろして2時間経過。

ブルゾンさんの小学校の時の学習机のシートが、世界地図と国旗の描かれたものだったそうです。

それを見て、色々な国に思いを巡らせていたブルゾンさんにとって、空港は子どもの頃のワクワク感を思い出させる場所なのですって。

スポンサーリンク
レクタングル大




ビジネスクラスで香港へ

ビジネスクラスには乗ったことがないブルゾンさん。

オンナにはご褒美が必要と言うことで、自腹でビジネスクラスの旅へ。

往復20万円、沸騰ディレクターも自腹でチケットを買いました。

チケットには「C」と書かれていますが、かつてビジネスクラスが「クリッパークラス」と呼ばれていた名残です。

初のビジネスラウンジ

ANAのラウンジを初利用。

ビジネスラウンジにドキドキしていたら、ラウンジの鬼が登場。

高橋真麻さんから、通な楽しみ方を教わります。

飲み物を用意して、景色と掲示板が見えて、飲み物が近い場所に席をとりました。

深夜のアジア便は軽食しか出ないので、ここでお腹いっぱいにします。

真麻さんはラウンジにくる時の服は、ウエストはゴム! たくさん食べる気満々です。

人気はオリジナルカレー。

とんこつラーメンは、麺の半分を別に分けてもらいました。今月のスープはサンラータンなので、オリジナルサンラータン麺を作ります。

ブルゾンさんの選んだベストポジションは、窓辺でした。

スイートラウンジ潜入

スイートラウンジは、ファーストクラス専用のラウンジ。特別に入らせてもらいます。

受付では、歯ブラシとポケットティッシュをもらいます。

モダンジャパンをコンセプトにした空間や、回る椅子、パーソナルスペースのマッサージチェアなどに、ブルゾンさん感激。

レストランは、月替わりのコース料理が。どれだけ飲んで食べても無料。

香港観光

まず中環(セントラル)へ。

路地裏の食堂に入ります。

朝食に朝粥。朝から食堂でお粥を食べるのが香港スタイル。

市場では豆腐花(トウフファ)をいただきます。温かい豆腐に砂糖をかけた、シンプルな香港スイーツ。

2階建ての路面電車、トラムにも乗りました。

6時間しかいられなかったけれど、満喫しましたね。

香港ラウンジClubAutus

香港航空はエアラインの格付けで4つ星獲得。

特別にラウンジを取材できました。

一番の売りは、長さ20mのビュッフェカウンター。香港国際空港で最長。

香港スイーツ「エッグパフ」がいただけます。卵と小麦粉の生地を焼いた、香港のストリートフード。味はベビーカステラのよう。

高橋真麻のビジネスクラス7箇条

1、機内ではすぐスリッパに履き替えるべし

2、深夜便は遅いので、安眠マスクで熟睡すべし

3、疲れた体はアメニティグッズで癒せ

4、シートベルトサインが消えたら即シャンパン

5、食事の時は絶対起こしてもらうよう事前にお願い

6、帰りの機内食は、和食で日本を思い出す

7、食事中は、真麻オリジナルカクテルを楽しむべし(かぼすジュース+シャンパン)

ビジネスクラスは43種類の飲み物が飲み放題。くつろげる空間に、ブルゾンさん大満足でした。

まとめ

ブルゾンさんの回なのか、真麻さんの回なのか、わからないくらい真麻流プッシュでしたね。

ブルゾンさんって素直なんですね。すっかり真麻姉さんの弟子になってました。

「搭乗口だけで満足していた自分にはもう戻れない」って言ってました。

空港ロビーに取り憑かれていたはずなのに、ビジネスクラスに取り憑かれちゃった?

ANAラウンジの様子は、こちらでパノラマツアーで見れますよ。

いつか乗ってみたいなあ。


ANAオリジナル とびっきりビーフカレー 15個 ※代引きご利用不可


ANAオリジナル ビーフコンソメスープ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする